視力

テレビを至近距離で見る1歳児…視力はどれくらい?

幼い子どもはテレビが大好き。興味を持ち集中するとついつい画面に近づいてしまいます。我が子のそんな様子が視力の悪化によるものではないかと心配するママに対し、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「テレビを近くで見る1歳児、視力は?」

1歳の子どもは、何度注意してもテレビを至近距離で見ることを止めてくれません。できるだけ一定の距離をあけて見せるようにしていますが、どんどん近寄ってしまいます。最近では、もしかしたら至近距離に行かないと見えないのかとさえ思います。1歳児の視力はどの程度なのでしょうか。また、私自身視力が悪く不便さを感じてきたので、目によいことがあれば教えて下さい。(20代・女性)

1歳児の視力は0.1~0.3程度、視野も狭くピント機能は未熟

幼い子どもの視力は大人のように発達していません。1歳児なら視力は0.1~0.3程度。視野が狭くピント機能も発達していないので、特に興味があるものは近づいて見るのでしょう。目を細めたり顔を斜めにするなどの様子があれば受診を。

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は大人のように発達していないため、ぼんやりとしか見えていません。生後1カ月から2カ月経つと、影としてうっすら見え始め、3カ月頃になると形として見えてきます。そして1歳頃には色や形、形状など見えてきますが、視力は大人のようによくありません。1歳頃の視力は0.1〜0.3程度と言われており、3歳頃になると発達も進み、4歳〜6歳で1.0の視力になります。(一般内科看護師)
1歳児はまだ視野が狭く、ピント機能も発達していません。周りの景色や人がぼやけて見えるため、近くに行かないとはっきり見ることができません。また小さい子どもは、興味があるものには近づいていく傾向にあるので、自分の好きな番組なら、さらに近づいて見ると思います。視力は遺伝も関与するので、子どもが物を見る時に目を細めたり、顔を斜めにして見るようなら、早めに病院へ連れて行ってください。(産科看護師)

目のためにした方がよいこと、気を付けた方がよいこと

外でボール遊びをすると、眼球の動きが鍛えられ視力に影響します。食事では質のよい栄養成分を含む食品を摂取しましょう。テレビを見るときは距離と時間に注意し、ブルーライトを遮断するフィルムを用いても。室内照明や陽射しの明るさにも気をつけます。

1歳児では、テレビなど目に刺激を与えるものよりも、外でボール遊びをして目の動きを鍛えてあげるとよいでしょう。ボール遊びは、遠くや近くのボールを目で追うことにより眼球の動きが鍛えられ、視力に影響するといわれています。また食事では、タンパク質・サンマやサバなどの青魚に含まれるDHA・カルシウム・ビタミン類などを含む食品を摂取するとよいでしょう。(一般内科看護師)
テレビを見るときは一定の距離をおき、視聴時間は短時間にしましょう。テレビ以外でもパソコンや携帯など、ブルーライトを発する電化製品がたくさんあるので、目に負担をかけないよう、ブルーライトを遮断するフイルムを貼るとよいです。(産科看護師)
室内照明は適度な明るさを保つようにして下さい。また、陽差しが差し込む明るい部屋で昼寝をさせると、視力が低下すると言われています。(一般内科看護師)

1歳児の視力・視野・ピント機能は未熟なので、興味のあるものに近づいて見るようですが、もし目を細めるなどの様子があれば受診を一考しても。ボール遊びや目に良い栄養成分を含む食品の摂取を心がけ、テレビの見方や室内の明るさに配慮するとよいようです。


2016/06/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)