尿漏れ

2014/07/17

妊娠中の尿漏れ…。コレってどうにもならないの?!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠中の尿漏れ…。コレってどうにもならないの?!

お腹の赤ちゃんが成長してくると、大きくなった子宮が膀胱を圧迫するので、尿漏れを経験する妊婦さんは少なくないのではないでしょうか?仕方がないことだとはいえ、尿漏れなんて恥ずかしい!と、ショックを受けてしまう人もいるでしょう。 妊娠中の尿漏れに対し、どのような対策をすればいいのか、医療やヘルスケアの専門家が回答するQ&Aサイト「なるカラ」で、看護師さんや助産師さんからアドバイスをいただきました。

妊婦さんからの相談:「現在妊娠7カ月。最近尿漏れをするようになり、悩んでいます…。」

お腹が大きくなってきて、尿漏れをするようになったという妊婦さんからの相談です。尿漏れ対策として、普段はおりものシートなどを使用していますが、尿漏れ自体を軽減する方法はないの?とお悩みのようです。

現在妊娠7カ月です。これまで特に問題も無く過ごしてきましたが、最近尿漏れに悩んでいます。妊娠中にはよくあることだと聞きますが、結構量が多くて服に染みてしまうこともあります。おりものシートや尿漏れ専用シートを使ってみましたが、正直あまり使いたくありません…。膀胱周辺の筋肉を鍛えたら軽減されるのでしょうか?その場合、どのようなトレーニングをすれば効果的なのか、是非教えて下さい。

「骨盤底筋群」を鍛えると、尿漏れの予防と改善に効果的!

妊娠中は、大きくなった子宮が膀胱を圧迫するため、尿漏れが起きたりおしっこが近くなったりすることが多いです。この場合、骨盤の底にある「骨盤底筋群」を鍛えることで、尿漏れなどの症状を軽減することができると言われています。

妊娠中は膀胱が圧迫されることもあり、妊婦さんの多くが尿漏れを経験しますが、骨盤底筋群を鍛えると改善すると言われています。(看護師)
完全に尿漏れを改善するのは難しいかもしれませんが、軽減するといわれている方法は「骨盤底筋群」を鍛えることです。 まず、仰向けになって足を肩幅に開き、両膝を軽く曲げて立てます。約12~14秒間、肛門・尿道・膣全体を意識してキュッと締めていきます。(陰部全体をじわじわっと引き上げる感じで、お腹・足・腰などに力が入らないように意識しましょう)その後は全身の力を抜いて、46~48秒間リラックスして体を休めます(この一連の動作で約1分)。この運動を試してみてください。(助産師)
尿漏れは、産後もしばらく続く可能性があります。ネットで「尿漏れ」「骨盤底筋群」と検索すると、画像つきで分かりやすい運動方法が紹介されていますので、参考になさって下さい。(助産師)
ショーツは清潔にしておいた方がよいので、おりものシートなどを使用し、汚れたらすぐ取り替えられるようにしておきましょう。(婦人科看護師)

妊娠中の尿漏れは多くの妊婦さんが経験しており、決して恥ずかしいことではありません。体に負担がかからない程度に、骨盤底筋群を鍛える体操をすると尿漏れは軽減されるようですので、体調が良い時に是非試してみて下さいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加