不妊の原因

2016/06/28

不妊症の原因について知ろう!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

不妊症の原因について知ろう!

なかなか妊娠することができない不妊症の原因については、男性側の場合と女性側の場合それぞれ考えられます。排卵障害や無精子症、子宮内膜症などいろいろな原因がありますが、不妊の原因を知ることで対策することができます。

不妊症にはどのような原因があるのでしょうか?

なかなか妊娠しにくい不妊症は、男女ともに原因があるケースもあります。特に女性のほうにばかり問題があるとする風潮もありますが、実際には精子がうまく運動しないなど、男性側に原因がある場合もあります。排卵をしていないから生理が来ない、勃起障害で性交や射精ができないといった目で見てわかる、予測できる原因因子もありますが、子宮や卵巣に疾患を抱えていたり、精子がうまく運動しなかったりなど目に見えない疾患もあります。精子や卵子の質については、年齢を追うごとに低下していくのが一般的です。赤ちゃんが欲しいと思った場合、不妊症でないかどうか今一度検査を受けてみることが推奨されます。

女性に多い排卵障害をはじめとする不妊の原因について

女性の身体の中では、月1回のペースで排卵が起こります。しかしながらこの排卵が数か月に一度しか起こらない稀発排卵やまったく排卵が起こらない無排卵の人もいます。排卵はホルモンバランスが大きくかかわっており、ストレスや食生活の変化、冷えなどから排卵障害を起こす人は少なくありません。生活習慣を整えることで排卵を起こすこともありますが、場合によっては、排卵誘発剤などを使うことがあります。卵巣の機能が低下したり、多嚢胞卵巣症候群であっても排卵異常がみられますので、一口に排卵障害といってもその原因は様々です。

精子や卵巣、卵管に原因があることもあります。

不妊の原因は女性だけではありません。男性についても、無精子症といって精子がほとんどなかったり、精子があったとしても運動能力が低下していることによってなかなか授精まで至らないという原因もあります。最近ではストレスなどが原因となって、勃起障害や無精子症を引き起こすことがあります。

それ以外にも、卵管が癒着していて卵子が卵管を通過する事ができなくなり、子宮まで到達できず、結果的に受精卵となって着床する事ができない場合もあります。子宮内膜症なども不妊の原因となります。黄体機能不全などホルモンによるものもあります。抗精子抗体を持っていて、精子の働きを阻害するケースもあります。 このように不妊の原因は男女双方に考えられ、より複雑化していることから原因を究明することが必要になります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加