二人目不妊

2016/06/28

二人目不妊の原因とは?妊活する前に知っておきたいこと

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

二人目不妊の原因とは?妊活する前に知っておきたいこと

二人目不妊の原因は多岐にわたります。そのため、2人目不妊かなと思った時には、早めに検査をして原因を特定することが必要です。また、加齢やホルモンバランスの変化などもありますので、精子と卵子の質を上げることも必要です。

なぜ?一人目ができても二人目がなかなかできない現状

最近では二人目不妊という言葉をよく聞きます。平均出産年齢の上昇などにより、二人目不妊に悩む人が少なくありません。一人目の育児で多忙だったり、出産後パートナーとの性交が減少していたり、ストレス社会によって精子にとっても卵子にとってもいい環境でないケースがあります。母乳育児などにより、生理が1年以上空いてしまうことも、出産を遠ざけてしまう一因です。

なぜ二人目不妊になりやすいの?

女性側の二人目不妊の原因は、まず出産時の多量の出血などにより子宮内の環境があまり良くないことが挙げられます。加えて、出産後のホルモンバランスの崩れにより、排卵障害を起こす人も少なくありません。生理が来なかったり、来たとしても周期がバラバラで排卵のタイミングを取りにくいです。

男性についても、加齢により精子の運動率が低くなることが不妊の原因として挙げられます。太りすぎると精子を持っている精巣があたためられますので、精子がうまく働かないこともあります。

これは男女ともにいえることですが、もともと不妊の因子を持っていたものの、一人目をたまたま妊娠したというケースもあります。その場合は、不妊であることに気づかないので、治療にも遅れが生じます。

二人目不妊だと思ったら・・・

二人目不妊の疑いが少しでもあるのであれば、早めに男女ともに検査をして原因を特定することが推奨されます。特に、一人目を何の問題もなく授かったのであれば、受診の必要性を感じないかもしれません。しかし、一人目を妊娠したときよりも年齢が上がっていますので、治療をするのでしたら早ければ早いほど良いと思われます。

そして、妊娠するためには男性も女性も精子や卵子の質をよくすることが大切です。そのためには、きちんとした食生活や生活習慣を改めたり、適度な運動をすることによって血流を活発化させます。いつまでも若々しくいることで、妊娠する確率も上がります。夫婦二人で力を合わせて対応していきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加