地域情報

2016/06/27

千葉県流山市と東京都大田区にバイリンガル幼児園が2校同時開校!

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

千葉県流山市と東京都大田区にバイリンガル幼児園が2校同時開校!

日本にいながら国際感覚が身に付く

株式会社やる気スイッチグループホールディングスは、教育ブランドの一つとして展開している「バイリンガル幼児園キッズデュオ インターナショナル」(KDI)を、2017年4月に千葉県流山市、東京都大田区と2校同時開校することになりました。これで、同施設は2013年に開校した横浜市都筑区のKDIセンター南と、2015年に開校した東京都三鷹市のKDI三鷹に続く開校で、全部で4校となります。

KDIはどんな施設なのか

1,200を超える教育施設を展開する総合教育企業「やる気スイッチグループ」が立ち上げた幼稚園と保育園の機能を合わせもつ施設で、ライフスキル(しつけ)教育や英語・日本語教育、知育教育、運動指導などを取り入れ「自分で考え、自分で決めて、自ら行動する」ことができる子どもを目指し、育成する保育施設です。

IQ平均138、英検にも合格

小学校3年生レベルの算数力、国語力を身に付けることを目標とし、人生を生き抜いていく上で必要な思考力・読解力・表現力を養います。また、「脳の器」を広げる知育教育を行うことで、IQ平均が100から138に向上するなど、成果が出ています。

英語教育は、外国人スタッフと日本人スタッフによる週20時間以上の環境があり、多彩なプログラムを取り入れて子どもが飽きないようにしています。その結果、英検5級(中学初級程度)に40名が合格し、中には英検準2級(高校中級程度)に合格する子どもも出ています。

運動能力も小学3年レベルに向上

あらゆるスポーツの基本である9つの動作(走・跳・投・捕・打・蹴・組・リズム・バランス)を遊びながらにして身に付けることができます。これは、東京大学大学院教授が監修したスポーツ科学に基づいて開発した「忍者ナイン」プログラムで、年長女子の50m走は9秒台、年長男子の反復横跳びは43回という成果が出ており、いずれも小学校3年レベルまで向上しました。

参考リンク

外部リンク

式会社やる気スイッチグループホールディングスのプレスリリース

キッズデュオ インターナショナルHP


  • このエントリーをはてなブックマークに追加