話題・時事ネタ

2016/06/27

夏休みの自由研究に「苔キッズ」

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

夏休みの自由研究に「苔キッズ」

近年、ブームになっている「苔」

苔ガールという言葉が出るなど、近年、ブームになっている「苔」。苔玉や苔盆栽、最近ではテラリウムといって小さなガラスの容器の中に苔を飾り、インテリアとして楽しむ人も多いようです。

毎年、夏に親子で頭を悩ませる自由研究を、「苔」にしてみては・・・というのが、今回の「苔キッズ」という企画です。夏休み期間の7月23日から8月31日まで、星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル(青森県十和田市)で開催される小学生向けのプログラムです。

大自然の中でミクロな苔の世界に潜入

苔の聖地と称されることもある奥入瀬渓流には、日本に存在すると言われている約1800種類の苔のうち、約300種類が生息していると言われています。ホテルの周りの森を散策しながら、ネイチャーガイドが苔や森について、わかりやすく教えてくれます。

一人一人がルーペを片手に、ガイドから出されるお題の苔を捜し、顕微鏡を使って観察することができ、まるで植物博士になったような気分を味わうことができます。ビンの蓋がルーペになっている「ミルビン」がお土産としてもらえるので、家に帰ってからも苔の観察を続けることができます。

定員は保護者同伴の小学生10名で、前日20時までにアクティビティデスクに申し込みが必要です。事前予約も可能です。料金は、小学生1人2,160円で、お土産にコケ図鑑とミルビンがもらえます。

家族みんなで日々の日常から離れて、青森の大自然の中でミクロの世界に没頭して心癒やされ、同時に夏休みの宿題も終わらせることができる一石二鳥のこの企画に、ぜひご参加ください。

参考サイト

外部リンク

星野リゾート公式サイト

「苔キッズ」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加