運動

臨月になったら、こまめに動いたほうがいいですか?

初めてのお産は未知の世界で、周りの意見に戸惑うことも多いかもしれません。なるべく家の中でゆっくり過ごしたいけれど、安産の為にはもっと外出したほうがいいのかと悩む相談者さんに、看護師さん達はどのように答えているのでしょうか。

32歳妊婦さんからの質問:「運動不足は出産に影響しますか」

もうすぐ出産予定日が近づいてる初産の妊婦です。妊娠中は初めてのことだらけで戸惑いましたが、お腹の我が子と会えるのは楽しみです。ところが予定日が近づくにつれ、母や姑から外へ出て歩くようにうるさく言われて困っています。元々運動が苦手で家の中で過ごすことが好きですし、あまり外出したくありません。それでも元気な赤ちゃんを産む為には、無理をしてでも外に出たほうが良いのでしょうか? (32歳・女性)

無理せず、普段の生活で身体を動かす工夫を

できればウォーキングをするのが理想的ですが、家の中でも軽く身体を動かしたり、座り方に気をつけることから始めてみるのもいいかもしれません。日常生活の中でできるだけ身体を動かすように工夫してみましょう。

外に出ることが運動ではないので、無理をすることはありません。普段の家事をこなすだけでも十分です。しかし家の中ですと動く範囲が限られているので、軽い体操や足踏み、廊下があれば行ったり来たりしてなるべく動くようにしましょう。またあぐらをかいて座ると、股間が柔らかくなって安産になるといわれています。家の中でもできることをやってみてください。(産科・婦人科看護師)
体重の増加を避けるという意味合いで、身体を動かすことが勧められています。運動が得意でない方もウォーキングだと取り入れやすいと思います。朝や夕方の時間帯などに、紫外線を避けて散歩をされると良いと思います。歩くことでむくみやすい足の血液循環が良くなり、足がつりやすいなどのトラブル防止にもなります。下半身の筋肉や関節を丈夫にする、靭帯が柔らかくなるため安産につながるともいわれています。(産科・婦人科看護師)

出産前にしておきたいこと

お産も育児も体力勝負。産後の母体が回復するまでの時間も人それぞれなので、体力はあるに越したことはありません。いまのうちにできるだけ身体を動かして慣らしておくことも大事です。

出産や産後の数時間ごとの授乳には体力が必要です。体力がないと疲れやすく、身体が思うように動かないということも多いです。出産、育児とそれぞれに体力が必要だと思いますので、是非つけておいていただきたいです。その他にも産後は行きにくくなる場所、例えば美容院などに行かれることもお勧めします。また夫婦で食事に行く機会も減ると思いますので、二人で食事に行くなどの外出もお勧めです、(小児科看護師)

無理なく始められること、そして出産直後はなかなか行かれなくなるような場所に出掛けることで、随分と気持ちも楽になるのではないでしょうか。看護師さん達のアドバイスを参考に、残りの妊娠ライフが楽しいものとなりますように。


2015/01/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)