息抜き・小ネタ

2015/01/05

リフレクソロジストのオススメ!新年に今すぐできる胃腸ケア

この記事の監修/執筆

産後出張ケアセラピスト熊野 薫

リフレクソロジストのオススメ!新年に今すぐできる胃腸ケア

こんにちは。妊婦さん、産後ママのための出張リフレクソロジー~みまもりリフレ~代表の熊野です。私は、これまでに数百人の産前産後ママとお会いして、ケアをしたり、お悩みを聞かせていただいたりしています。

みなさん、新しい年が始まりましたが、体調はいかがですか?

この時期は、ママでなくても、いろいろとカラダが疲れる時期です。

年末から、帰省や旅行など、移動が多い時期でもありましたし、クリスマスパーティ・忘年会・新年会と、何かと飲食の機会も増えているのではないでしょうか。
なんだか知らないけれど、最近、体がだるいなー、胃腸がつかれているなー、と思う方も多いかもしれません。

今日は、そんな胃腸のお疲れに効果のある、リフレクソロジー(ツボ)について ご紹介します。

私は今でこそ産前産後のママを対象としたセラピストとして活動していますが、もともとは大手のリフレクソロジーサロンで、様々な方のお体をケアさせていただく仕事をしていました。

駅前の大型店でしたので、土日ともなると、大柄な男性からちいさなおばあちゃままで、実に1日10人以上の方のケアを担当することも。

当時、やはり多くの方のお疲れ部位が、目や肩に次いで、胃や腸だったことを思い出します。

日本人は元来、油や肉といった西洋の食事に適応しやすい体ではないので、どうしても胃腸に負担がかかるのですね。

昨日は飲みすぎちゃったな、とか、お肉をたくさん食べちゃったな、というときには、是非手のひらをもみほぐすことをおススメします。

あまり知られていませんが、リフレクソロジーの反射区(ツボ)は、足裏だけでなく、手や耳、顔などあらゆるところにあるのです

手のひらには、内臓の反射区がたくさんあります。

手のひらには、内臓の反射区がたくさんあります。

もちろん反射区は細かく分かれているのですが、違う部分を押しても、副作用や問題はありませんので、ざっくりと下半分をもみほぐすといいでしょう

5063_2_L

反対の手の親指でモミモミ。
親指の第一関節を使って少し強めにゴリゴリ。
たまにはご夫婦や親子、友人同士で変わりばんこに。

ハンドクリームなどを塗ってからやると、すべりが良くなってラクにできます。
コツは、「やらなきゃ」ではなく、「楽しい、気持ちいい」と思ってやること。

新しい年は、手のひらのセルフリフレクソロジーで、快適な胃腸生活をおくってみませんか?




  • このエントリーをはてなブックマークに追加