不妊治療

2016/06/28

排卵障害の種類と検査について

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

排卵障害の種類と検査について

排卵障害は、月1回の排卵がうまく行えていない状態で、女性の不妊症の原因の最も多くを占めているといわれています。排卵障害といってもいろいろな種類がありますし、治療法も違ってきます。具体的な症状と治療法についてご紹介いたします。

排卵障害って何?女性の最も多い不妊原因です。

排卵障害とは、排卵に関与するホルモンが正常に機能していないため妊娠しにくい状況を指します。排卵は女性にとって1月に1度行われることであり、卵子を作り出して精子と受精させるために必要なことです。排卵障害を改善することで、タイミング法や人工授精で妊娠の可能性を高めます。

排卵障害の種類ってどんなものがあるの?

排卵障害には、排卵自体がない無排卵のほか、排卵がうまくできない、卵胞が育たないなどのケースがあります。これは、ホルモンが大きくかかわっています。妊娠出産に関するホルモンはいくつかあり、ストレスなどいろいろな因子によってうまく機能しなくなります。具体的には、高プロラクチン血症といって、母乳の分泌を促すホルモンが過剰に分泌される症状があります。これは母乳育児中に生理(排卵)がなくなる要因ですが、何らかの理由で授乳と関係なくこのホルモンが過剰に出てしまいます。

さらに、脳下垂体でコントロールされている排卵ですが、そこから分泌される卵巣刺激ホルモンや黄体ホルモンなどが十分分泌できず、卵胞が育たないこともあります。そのほかには多嚢胞性卵巣症候群など、小さな卵胞がいくつもできて育ち切れない状態など、排卵障害の原因は多岐にわたります。さらに、そのような体の異常だけでなく痩せすぎたり太りすぎたり体重の変化によって生理不順が起きてしまうことがあります。ストレスなども、排卵障害の原因となることがあります。

排卵障害と診断されたらどうすればよいのか?

排卵障害の改善方法は、その原因によっても違ってきます。ホルモンバランスの悪化が原因である場合、ホルモン注射などで体内のホルモンバランスを整えます。高プロラクチン血症や多嚢胞性卵巣症候群などは、それぞれに合った薬を内服します。

排卵が来ない場合は、排卵誘発剤を使用して排卵を促します。不妊を疑った場合、基礎体温をきちんとつけて、排卵がきちんとあるかを確認するとよいでしょう。排卵障害は治療により改善しますので、悲観することはありません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加