不妊治療

女性不妊の原因の約3割が排卵障害?原因と検査・治療法

不妊には女性だけでなく男性にも原因がある場合も考えられます。そんな中女性の不妊原因の約3割が排卵障害とも言われています。排卵障害はどのような原因で起こるのか、また検査法や治療法はどのようなものがあるのか考えてみましょう。

排卵障害の原因

排卵障害によって排卵が起こらなければ、妊娠はできません。排卵が起こらない原因はホルモン機能の異常があります。そのためホルモン機能を正常に戻せば、殆どの場合は排卵が正常に行われるようになり妊娠も可能になります。

排卵障害の要因は脳にある視床下部や下垂体、それに甲状腺、卵巣にトラブルがあることが殆どです。しかし、原因不明の場合もないとは言い切れません。原因が分かれば治療ができますが、原因不明の場合は治療がしにくいです。しかしどのような原因であっても、直接的には女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスの乱れから排卵ができなくなります。

原因には心身のストレス、過度なダイエット、激しい運動、肥満、痩せ、妊娠中絶、生活習慣、睡眠不足、鬱病、何かの疾患、などが挙げられます。また原因は1つではなく、幾つかが絡まっていることも多いようです。

排卵障害の検査について

排卵障害の検査を行う前に、基礎体温を測ってみると2層の差がはっきりしないなど、排卵が行われていないことはおおよそ検討がつきます。その上でホルモン値を検査し、妊娠を抑制するものがないかなど血液検査によってチェックしていきます。

この検査を行うには適切な時期に、それぞれの検査をする必要があります。まず月経3~4日目の卵胞期初期には、黄体ホルモンと卵胞刺激ホルモンの検査、黄体期中期には卵胞ホルモンと黄体ホルモンの検査、そしてどの時期でも行えるものとして乳汁分泌ホルモンと甲状腺ホルモンの検査があります。

排卵障害の治療法

排卵障害の治療法は検査によって原因がある程度特定されてから、その原因にあった治療を行うようになります。それぞれの問題に対する薬の投与や注射などで、改善のための治療をしていきます。また、その原因になったストレスに対しても、同時に改善することが必要となります。

特に要因は生活習慣など自分で意識して改善することが必要です。間違ったダイエットや過度な運動を行っている人、生活習慣やリズム、睡眠などの改善が必要な人もいるでしょう。自分なりのストレス解消法を探すことも必要になります。このように原因を直接治療することと、要因の改善との両面から行わなければ、本来の治療にはなりません。身体と心にやさしい生活を心がけましょう。


2016/06/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事