妊活の基礎

2016/06/28

計画的に妊娠するにはどうしたらいいの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

計画的に妊娠するにはどうしたらいいの?

計画的に妊娠するには妊娠についての理解を深めることが大切です。きちんと体調管理を行い、妊娠したあとのスケジュールについても確認しましょう。なかなか妊娠しない場合は、不妊についての検査も必要になってきます。

妊娠の原理とは

まず妊娠の原理についてきちんと理解し。基本的には、精子が卵子と受精して着床することによって妊娠します。自然妊娠の確率は1ヶ月あたり25歳~29歳では25~30%、30歳~34歳では25%、35歳~39歳では18%、40歳~44歳では5%、45歳~49歳では1%となっています。したがって、計画的に妊娠するには、妊娠の可能性を高めることが重要です。

計画的に妊娠するには

計画的に妊娠するには夫婦がともに協力し合うことが重要です。 これから妊娠しようと考えている方は、将来の計画をしっかり立てましょう。お互いの仕事のスケジュールを確認しておき、職場が子育てをしやすい環境にあるのかなどもチェックしておくとよいでしょう。貧血や冷え性、便秘などは解消しておくと良いでしょう。タバコを吸っている方は、これを良い機会として禁煙しましょう。また、心の準備をきちんとしておくことも大事です。

妊娠の注意点について

夫婦のどちらかに問題があれば妊娠の可能性は低くなります。最近はいろいろな治療法が登場しているため、不妊の方であっても妊娠できる可能性は高まっています。計画的に妊娠するには、事前の準備がとても大切です。原因を解明するためにも、不妊検査はできるだけ行いましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加