妊活の基礎

子作りしやすい身体つくりのコツ

子作りしやすい身体を得るためには、健康状態を整えることが一つの方法です。精神的なストレスもできるだけ解消することが望ましいです。食生活を改善したり、禁酒禁煙することも大切です。また、基礎体温をつけておくと日ごろの体調管理がしやすくなります。

子作りしやすい身体とは

赤ちゃんを授かりたいと思っているならば、子作りしやすい身体をつくることから始めましょう。不規則な生活を送っている方や、病気がちの方は体調を改善することが必要です。
さらには精神的なストレスを抱えていないことも重要です。ストレスと妊娠は密接な関係があるとされています。できるだけストレスフリーな生活を送ることを心がけてください。

子作りに適した身体づくりのコツ

妊娠しやすい身体づくりのコツとしては、日々の生活習慣を整えることが大切です。まず食生活を見直すことから始めましょう。妊娠中も子どものためにバランスの良い食事を摂る必要があります。妊娠前の段階から準備を始めておくと良いでしょう。基本的には栄養のバランスのとれた食事を取るようにしてください。
タバコを吸っている方は今すぐ禁煙しましょう。タバコというのは妊娠の妨げとなってしまうものであり、子どもにも影響を与えてしまいます。早めに禁煙をしましょう。また、きちんと運動をすることも大切です。子作りや妊娠には体力も必要です。

基礎体温を計測する

妊娠しやすい身体になるためには、基礎体温を計測する習慣をつけるようにしましょう。基礎体温が分かれば月経周期を知ることができます。また、月経に関するトラブルの際には基礎体温が重要な情報となります。冷え性の方にとっても体温を把握することは大切です。生理周期が乱れている方は妊娠しにくい身体になっている可能性が高いため、すぐに病院で医師に相談することをおすすめします。早めに対処することが重要です 。


2016/06/28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事