妊活

2016/06/28

不妊治療助成は「42歳まで」、16年度から年齢制限を設置

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

不妊治療助成は「42歳まで」、16年度から年齢制限を設置

近年不妊治療を行う人が増えている状況を受け、助成金制度が用意されています。しかし2016年度から、不妊治療助成の年齢制限がプラスされ、42歳までの給付となりました。今回は、不妊治療助成金についてどのような制度なのか具体的に説明いたします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加