とびひ

4歳の子がとびひで跡が残った!もう消えないの?

目に付きやすい場所に傷痕などが残ると、気になってしまうママも少なくありません。とびひの跡に関する相談に、お医者さんと看護師さんはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「半ズボンだと見える場所に残る色素沈着のような跡は、消えないのでしょうか」

4歳の子どもは、ひざの裏に水いぼができたので塗り薬をもらいましたが、かゆがってかいてしまい、今度はグジュグジュしてきたので皮膚科で診てもらったところ、とびひになってしまいました。処方された飲み薬と塗り薬で、長いことかけてなんとか治りましたが、跡が残っています。制服の半ズボンを穿くと見えてしまうのですが、この跡は消えないのでしょうか。色素沈着みたいな感じで何個かあります。(30代・女性)

成長と共に目立ちにくくなる

子どもの場合、成長とともに跡は目立ちにくくなるようです。薄くするための治療法についても教えてくれました。

皮膚の傷の跡は、小さなお子さんの場合は放っておいても次第に色が薄くなり、そのまま消えてしまったり目立たなくなることがほとんどです。どうしても傷が消えず気になるのでしたら、大きくなってから美容皮膚科、形成外科などでレーザー治療、ピーリングを受けることも可能です。程度にもよりますが、皮膚科に相談して塗り薬を処方してもらうのもよいでしょう。処方される薬には皮膚の乾燥を防いで代謝を高める効果があります。(医師)
成長と共に、薄く目立たなくなると考えますが、完全に消すことは難しいかもしれません。気になるようでしたら、大きくなってからレーザーなどで傷跡を消すことはできますが、皮膚はつねに再生を繰り返していますし、身体が大きくなるにつれて皮膚が伸びてくれば、あまり目立たなくなるでしょう。皮膚科や形成外科で相談してもいいですが、もう少し成長を待ってもいいと考えます。(血液・腫瘍科看護師)

掻かないようにして、紫外線対策を

今後、跡を濃くしないための注意点について、アドバイスがありました。

これ以上、濃くならないために、外出時は日焼け止めを塗って、なるべく紫外線に当たらないようにしてください。入浴後は保湿剤などで肌ケアを行い、乾燥を防いでください。今後、虫に刺されたり湿疹ができた場合、お子さんが掻きむしらないよう注意してください。(血液・腫瘍科看護師)
気にして周囲の皮膚をいじったり掻いたりしないようにしてください。紫外線に当たることで色素沈着が悪化することもあるので、傷跡が隠れるくらいの丈のズボンを穿くのが理想的です。ただ、制服が半ズボンで足が出てしまうのであれば、日焼け止めをこまめに塗るとよいでしょう。(医師)

成長と共に跡は目立ちにくくなるようです。気になる場合は皮膚科で薬を処方してもらったり、大きくなってからレーザーなどの治療を検討してもいいでしょう。日常生活では、できるだけ紫外線に当てない、掻かない、乾燥させないことを心がけるといいようです。


2016/07/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)