栄養不足

2015/01/13

妊娠期の鉄分不足…オススメの食べ物は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠期の鉄分不足…オススメの食べ物は?

妊娠期には鉄分不足になりやすいものです。気をつけてたくさん食べていても足りないことも。どうしたら鉄分不足を解消できるでしょうか?専門家からは具体的なアイデアが多く寄せられました。

プレママからの相談:「鉄分不足にオススメの食べ物を教えて」

妊婦健診の血液検査で、鉄分不足を指摘されました。フェロチーム錠50を主治医に処方され、食事でも鉄分豊富な食材を積極的に摂るように言われました。自分では3食きちんと作って、鉄分を多く含む食材を意識して摂っていたつもりだったので、こんなに摂っても足りないの?とびっくりです。牛肉、ほうれん草、その他の緑黄色野菜などを食べていましたが、他にオススメがあれば教えてください。 (34代・女性)

食べ方を工夫すれば効果アップ。鉄分はビタミンCと一緒に。

たくさん食べてもなかなか吸収されない鉄分はビタミンCと一緒に食べるとよい、との声があがりました。食べ方を工夫することが鉄分不足解消のコツのようです。また、鉄分の吸収を妨げる飲み物もある、という意見もありました。

鉄分は体内で吸収されにくい性質を持っています。そのため意識して食べていても、妊娠中には不足しがちになります。鉄分の吸収率を上げるため、ビタミンCと一緒に食べましょう。(産科・婦人科看護師)
鉄分を含む大豆製品やひじきなどは、ビタミンCを含むブロッコリーや小松菜と一緒に料理したり、食後に果物を摂ると吸収がよくなります。ビタミンCは水溶性のため、短時間で調理したり、野菜のゆで汁を活用するといいと思います。(産科・婦人科看護師)
鉄分の他に、血液を作る栄養素としてビタミンB12 、葉酸があります。ビタミンB12は貝類や魚類、レバー、納豆などの発酵食品、卵や牛乳に含まれています。ビタミンB12の一日摂取量はわずかですから、普段の食事で補えると思います。(産科・婦人科看護師)
アサリとほうれん草のお味噌汁であれば、鉄分、葉酸、ビタミンが一緒に摂れます。葉酸はほうれん草などの緑黄色野菜に含まれています。野菜ジュースにしたり、スムージーにするとより多く摂ることができます。砂糖は使わず、果物を合わせるとビタミンも摂れて効果的です。(産科・婦人科看護師)
私が妊娠中に一番勧められたのが切干大根です。普通のダイコンに比べて鉄分が豊富で、とても調理しやすく食べやすかったので妊娠中はよく食べていました。一袋100円ほどで買えますし、多く煮込んでおいて冷凍保存もできます。妊娠中にはよく弁当にも入れて持って行ってました。(一般内科看護師)
鉄分の吸収を阻害する飲み物があるのを知っていますか?いくら鉄分を摂っても、牛乳や濃い飲み物、炭酸飲料を飲んでいると意味がありません。特に牛乳は飲み過ぎによる鉄分不足を起こしやすいので注意が必要です。(一般内科看護師)

鉄分豊富な食材は相性のいい食材と組み合わせることでより効率よく吸収できるようです。ビタミンB12や葉酸を含む食品も取り入れて、日々のメニューを考えていきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加