不妊検査

知っておきたい不妊治療の流れ、タイミングや治療法について

不妊治療を決心されたら、まず病院を決めましょう。そこでどのような治療を行うのか医師と相談をして、不妊治療に進みます。不妊治療には一般検査と特殊検査があり、どこまで検査や治療を進めるのか医師としっかり相談し、検討しましょう。

どんな検査をするのか、その流れについて

不妊治療の流れとしては、問診をしたあと子宮内部を膣内から超音波で撮影します。これによって子宮や卵巣の異常や卵胞のサイズなどを調べます。この検査により子宮筋腫が見つかる可能性もあります。小さな筋腫なら、日帰りで受けられる手術もあるようです。
他にも血液や尿を採取し、ホルモン検査などを行います。エストロゲン検査、プロゲステロン検査、卵胞刺激ホルモン検査、黄体形成ホルモン検査、AMH検査(卵巣年齢検査)などを一編に行います。また、子宮口からカテーテルを入れてレントゲンを撮り、子宮の卵管の通過性を調べます。これらの検査で問題があった場合は、特殊検査に進みます。
男性も女性も一緒に行う検査としてクラミジア検査があります。これは夫婦のどちらかが感染している場合、移し合いなどの不妊の原因になることもあるため、夫婦一緒に調べる必要があります。男性側は精液検査があります。精液の量、濃度、精子の数、運動率、奇形率などをチェックします。男性側に問題がある場合は泌尿器科によって検査を深めていきます。

タイミング法や排卵誘発剤

検査の結果どの治療法を行うかによって、流れは変わってきます。不妊治療の始めのステップとしてタイミング法があります。やり方として、まず超音波やホルモン検査で排卵日を特定します。また、タイミング法と同時に排卵誘発剤治療を行い、妊娠の確率を高めることもあります。
また、精子の運動率が低い、精子の数が少ないという検査結果が判明すると、精子を女性の子宮に注入するところだけ、医師が手伝う人工授精を行う場合もあります。

高額治療

タイミング法や排卵誘発剤治療、人工授精をしても、なかなか妊娠できない人や高齢の人は体外受精や顕微授精があります。これは体の外で受精をさせて、それを子宮内に戻すというものです。しかし特殊技術が必要であり、対応していない病院もあります。
そのため、専門の病院や総合病院、大学病院などでの治療となります。1回に20万~100万円ほどかかることもあります。保険は利きませんが、助成金を請求することができます。しかし年齢制限も42歳以下となっているので、それ以上の人は支払が必要になります。このレベルの治療は、受精卵を子宮に戻す際に器具を用いるなど肉体的にも負担が大きく、費用もかかりますので十分に話し合った上でご検討ください。


2016/06/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事