女性の身体

ランチタイムにお腹が張って痛い…どうしたらいい?

仕事中のランチタイムは午後の活力のためにもリラックスして過ごしたいもの。今回はランチを食べるとお腹が張って痛むという方からの質問です。専門家からはどのようなアドバイスが寄せられたでしょうか?

OL さんからの相談:「ランチを食べるとお腹の張りと痛みがあります」

仕事中、お昼ご飯を食べていると、下腹部がチクチクと痛み出します。食べ終わる頃には妊婦さんのようにお腹がポコっと出て、かなり張っている感じで苦しく、痛みます。少し横になると痛みがおさまりますが、張りは治りません。毎食後、必ず痛くなるので整腸剤を服用していますが、なにかよい薬はあるのでしょうか?ゆっくり食べるように心がけていますが、ガスがたまりやすいようで、パンパンに張ります。(30代・女性)

胃下垂か過敏性腸症候群の可能性も。検査で原因をつきとめて。

病気の可能性も考えられるため、一度病院で検査をした方がよいとの声があがりました。異常がなければ、生活習慣を見直すことで改善が見込めるようです。

腸の働きが弱くなっている胃下垂か、過敏性腸症候群の可能性が考えられます。胃下垂は胃が下がっているので、腸の場所がなくなり、働きが悪くなります。腸の動きが悪く、食べ物がなかなか腸に送られないため、いつまでも胃に食べ物が留まり、お腹が妊婦さんのようになります。過敏性腸症候群は腸の動きが悪くなるため、ガスが排出されず、腸内に溜まり、お腹が張ります。 (一般内科看護師)
腸や胃に問題があって動きが悪いこともありますので、胃腸器科を受診して検査してみて下さい。腸が細くなっていたり、詰まりかけていたりなども考えられます。 (一般内科看護師)
あまりに生活に支障をきたすようなら消化器内科に相談するのもよいです。(産科・婦人科看護師)
病院の検査で異常がなければ、食事をゆっくり噛んで食べる、炭酸を含む飲み物は控えめにするなど心がけましょう。またストレスは胃腸の動きを弱くするため、ストレスをためないようにしましょう。 (一般内科看護師)
1回の食事量を控えめにしたり、食事回数を増やすなどして一度にいっぱい食べないようにするのもオススメです。 消化の良いもの、温かいものを積極的に食べるようにしてください。 (産科・婦人科看護師)
運動で胃腸の動きはよくなります。定期的な運動を心がけてください。身体の冷えも胃腸の動きを悪くします、冷え対策もしっかりしましょう。 (一般内科看護師)
姿勢が悪いようなら、姿勢を正すことで胃を支える筋肉を鍛えられます。 また、規則正しい生活、睡眠をしっかりとることも大切です。 (産科・婦人科看護師)
冷えは万病のもとです。お腹に蒸気で温めるシートやカイロを張ったり、身体を冷やす食べ物を摂りすぎないことです。常温、またはホットで食事・飲み物をとることが大切です。 (産科・婦人科看護師)

冷えや姿勢が原因の可能性もあるようですね。対策をとるためにも、まずは検査で原因を明らかにしましょう。


2015/01/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)