基礎体温の基礎

2016/06/29

基礎体温の測り方と表グラフの見方、妊活基礎知識

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

基礎体温の測り方と表グラフの見方、妊活基礎知識

基礎体温を測ることで、今後身体に起こる変化を想定したり、既に起こった身体の変化を振り返ることができます。グラフを見る際に、高温相と低温相の変化に着目しましょう。3カ月程度継続的に測ることで、大まかな周期性が見えてきます。

基礎体温の測り方

女性の身体に起こる様々な変化を把握するために、基礎体温を日々計測することは非常に有効な手段です。毎日の体温を測り記録しておくことで、生理予定日から妊娠の有無、排卵状態などを知ることができます。
基礎体温は、朝目覚めた時に安静状態で測ります。
通常体温を測るのは脇の下ですが、基礎体温は舌下で測ります。基礎体温は100分の1℃まで計測できるデリケートな体温計です。脇の下は発汗が多い部分で、発汗量に応じて結果に微妙な誤差が出てしまうため、口の中の方がより正確な体温を測ることができます。

グラフの見方

しばらくグラフをつけていると、ある時期を境に体温が変化しているはずです。一般的に体温が低い時期を「低温相」、体温が高い時期を「高温相」と呼びます。低温相から高温相へ変化する頃に排卵が起こります。また、高温相から低温相へ変化する頃に生理が始まります。
このように、体温の変化と自分の体の変化を合わせてみていくことで、どのような時期に何があるかが概ね見えてくるようになります。自分の体調が、基礎体温グラフとどのように連動しているのかチェックしてみましょう。

基礎体温と妊娠

基礎体温を測るときは、まず数カ月測り続けて自分の体の状態を把握することが大切です。一般的には高温相が半月以上の長期間続くと妊娠の可能性が高いと言われていますが、もともと高温相が長く、これに該当しない方もいます。
身体の特徴を把握するためには、最低3カ月が必要と言われています。短期間の測定ですと、基礎体温がバラバラで、綺麗に二相に分かれない方もいます。このような方でも3カ月程度測ることで、なんとなく周期性が見えてきます。基礎体温の計測は身体のバイオリズムを把握するための大切な作業です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加