基礎体温の基礎

2016/06/29

基礎体温表の見方とチェックするポイント

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

基礎体温表の見方とチェックするポイント

基礎体温表を記入することで妊娠の確率が高まる可能性があります。基礎体温表の見方は、グラフになっているために目で見て簡単にチェックすることができます。基礎体温を正しく記入して体のサイクルを把握してみましょう。

基礎体温表から分かること

基礎体温を計測し表に記入することで、排卵や生理の日を把握することが出来ます。妊娠のためには精子と卵子が受精を行い着床する必要がありますが、基礎体温表から排卵日を予測できるため、排卵日の前後を特定して妊娠の確率を上げる可能性があります。基礎体温には低温期と呼ばれる時期と、高温期と呼ばれる時期があります。
高温期と低温期が決まった周期でやってきて、排卵や月経が行われているため、基礎体温は体の変化を教えてくれる指標となります。低温期、高温期ともに長すぎたり短すぎる場合は、体の不調や妊娠のサインでもあります。

基礎体温の測り方

基礎体温を測るには通常の体温計ではなく、専用の基礎体温計で測りましょう。基礎体温の変化はわずかであるため、小数第二位まで表示されるものが望ましいです。計測を行うタイミングは、毎朝目が覚めた瞬間に測ります。

基礎体温表の見方

基礎体温表は2~3カ月ほど計測を続けること身体のパターンを把握することが出来るため、続けることが大切です。排卵は低温期から高温期に移行する際の一番低い体温の日の前後が妊娠の確率が高まります。低温期が訪れず高温期が17日を超えている場合、妊娠している可能性があるため妊娠検査薬や産婦人科を受診しましょう。基礎体温表は、毎月の生理が不順の人でも基礎体温によって排卵日がきちんと把握できるためお勧めです。
また、生理周期を自分でなんとなく把握している場合でも、環境の変化や外部からのストレスによって簡単に変動してしまうので、基礎体温表をつけることで体の変化を見逃さないようにしましょう。神経質になりすぎず気軽な気持ちで続けてみることが大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加