基礎体温の基礎

自分の基礎体温表と基礎体温表例を見比べてみよう!

基礎体温表の例と自分の基礎体温表を見比べることで、体調の変化を知ることができます。日々過ごしている中で気付かない体の変化を基礎体温は教えてください。表の見方が分からないという方は、例と見比べて自分の体温をチェックしてみましょう。

基礎体温表を活用する

排卵日や生理日の予測をたてるうえで、基礎体温表はとても役に立ちます。ただ基礎体温を測るだけではなく、表をきちんと活用することによって自分の体の変化を知ることができます。基礎体温は妊娠しやすい体づくりのために役立てるだけではなく、不妊や体の不調を知ることもできます。しかし、基礎体温表をつけたものの、表の見方が良く分からないという方も多いのではないでしょうか?

一般的な基礎体温表の例とは

基礎体温には低温期と高温期があり、それぞれが均等な日数であることが理想的な形です。平均的な生理周期は28日であるため、基礎体温表の例としては低温期、高温期がそれぞれ14日ずつで分かれていると完璧な周期であると言えます。しかし、体質や環境によって排卵日がずれるため、あくまでも理想的な例として捉えていれば問題ありません。しかし、明らかに高温期、低温期の長さが違う場合は、体に変化が起きている可能性があるため、基礎体温表を2~3カ月記入してみて表の例とあまりにも違いがある場合は病院での受診をお勧めします。

こんな場合は体の不調かも

高温期が2週間以上続く場合は妊娠の可能性が考えられるため、妊娠検査薬を使用してみましょう。生理予定日から一週間を過ぎたころから検査薬の使用が可能となります。反対に、高温期が極端に短いのは、排卵が正常に行われていない場合があります。1週間から10日に満たない場合、体の冷えなどが原因で無排卵になっている可能性があるため、体を温めるなど対処を行いましょう。
また、ストレスや無理なダイエットを行うと無排卵性月経となることがあります。この場合は、基礎体温表上では高温期が無い状態となっています。2~3カ月位様子を見て高温期が訪れない場合は、今まで記録した表を持って病院へ相談しましょう。基礎体温は普段自分では気づきにくい体の不調を教えてくれます。理想形はあくまで理想形ですが、あまりにも高温期や低温期の異変が数カ月続くようであれば、不妊に繋がる可能性もあるため、早めに婦人科を受診してください。


2016/06/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事