基礎体温の基礎

2016/06/29

妊活初心者必見!基礎体温計を選ぶときのポイント

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊活初心者必見!基礎体温計を選ぶときのポイント

これから子どもが欲しいと考えている方は、基礎体温を測るよう医者からアドバイスがあると思います。しかし、どんな商品を選べばいいのか迷う方も多いでしょう。ここでは基礎体温計を購入する時のポイントをご紹介します。

基礎体温計の役割とは?

基礎体温計がどんな役割を持っているかご存知でしょうか?私たちの体は一定の周期で高温期と低温期を繰り返しますが、この体温を測るために基礎体温計を使用します。高温期は排卵の期間、低温期が排卵日の前の期間を指します。その周期の中で一番妊娠しやすい時期、排卵日の前後。つまり、低温期が終わって高温期に移行する期間が妊娠しやすい時期となります。
低温期から高温期に移り変わる時には、約2日間の期間があり、温度差は約0.3~0.5℃と言われています。

商品を選ぶ時のポイント

販売されている基礎体温形の中には、さまざまな機能が搭載されているものも多くあります。たとえば、グラフ付きの基礎体温計。液晶の画面にグラフが表示され、これを見ることで体温の上がり下がりが簡単にわかるようになっています。ノートなどに記録をつける手間が省けるので楽ちんです。アプリと連動させて、データを送信してくれる機能などもあります。
また、測定時間が短いものもあります。毎日利用する場合、測定時間が長いとどうしても億劫に感じてしまいます。測定時間が短いアイテムを選べば、手軽に利用できるので毎日続けやすいでしょう。
他にも、バックライト付きで表示が見やすいタイプ、水洗いができるものなど、商品によってさまざまな機能が備わっています。毎日忙しくて測るのが大変という方は、測定時間の短い商品、ノートに記録するのが面倒という方は記録ができるものを選ぶなど、自分にとって使いやすいアイテムを選びましょう。

使用時の注意事項

基礎体温計を利用するときに気を付けたいのは、まず決まった時間に測ることです。私たちの体温は1日の中でも変化していますので、測定する時間がまちまちになってしまうと正確な数値を測ることはできません。できるだけ、同じ時間帯に測りましょう。測定中に体を動かすと数字が変わってしまうため、安静を心がけます。
また、ただ測るだけではなく、毎日の変化をきちんと記録しましょう。先に紹介した、グラフが表示されるタイプを選べば日々の変化が簡単に確認できるので、記録をつけるのが苦手な方はこうした商品を選ぶのがオススメです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加