基礎体温の基礎

2016/06/29

妊娠時の基礎体温の変化とグラフについて

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠時の基礎体温の変化とグラフについて

妊娠すると基礎体温はどのように変化するのでしょうか?毎日基礎体温を付けている方は、体温の変化で妊娠にいち早く気がつくこともできるため、その変化の仕方は詳しく知っておくと役立てることができます。グラフの見方も詳しく覚えて、妊娠に備えましょう。

排卵日の基礎体温変化

女性の生理周期は、低温期と高温期の2つに分けることができます。そしてその中間に排卵日があり、高温期の長さで妊娠したかがわかります。妊娠する可能性が高いのは排卵日の前後数日ですから、まずは排卵日を知る必要があります。
低温期と高温期の体温の変化は、0.3~0.5℃くらいです。排卵日前後には一度体温がぐっと下がり、それから高温期へと移行します。 排卵日に卵子と精子が出会い、受精することで妊娠が成立します。受精すると体温は高温期へと移行し、通常の高体温期よりも日数が長くなるため妊娠したと判断することができます。

妊娠時のグラフの動き

妊娠すると3週目くらいに受精卵が子宮に着床し、妊娠に必要なホルモン分泌が促されていきます。このときはまだ市販の妊娠検査薬では陽性と出ないため、いち早く知るには基礎体温を利用します。
妊娠すると高温期に移行しますが、受精していないときと比べてグラフに変化はありません。そのため0日目や1週目などは体温の変化で違いはわからないのですが、妊娠すると高温期が通常より長くなるため気がつくことができます。

高温期で2週間以上が目安

高温期が2週間以上続くようなら妊娠している可能性があります。通常の高温期は14日前後で、その後生理が始まります。これより長く続いている場合は妊娠の可能性があるといえるでしょう。
体温の変化だけではわかりにくい方もいますから、3週目の受精卵が着床してからの体調の変化に注意してみましょう。中には吐き気や胸の張りなどの症状を感じる人もいます。
また、受精卵が着床するときには軽い腹痛を感じる人もいますから、合わせて妊娠しているかの判断材料にしてみてください。 ただし、妊娠していても稀に高体温が一時期下がる人もいます。これをインプランテーションディップと呼び、1日体温が下がっても翌日からまた高体温になれば妊娠は継続しています。もし高温期が2週間以上続いていたのに、ある日突然体温が下がり続けているなら、流産の可能性もあるといえます。なかには流産しても体温が高い状態が続く人もいるため、高温期が長く続いているなら早めに病院を受診しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加