基礎体温の測り方

2016/06/29

妊娠しやすい身体を維持する!基礎体温の測り方

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠しやすい身体を維持する!基礎体温の測り方

妊娠しやすい体なのか判断する材料として、正しい基礎体温の測り方をマスターしておきましょう。毎日体温を測ると、低温期と高温期の2つに分けられ、さらにその中間にある排卵日がわかります。そのグラフの形でちゃんと排卵しているか判断できるのです。

基礎体温グラフの見方

生理周期は28~30日くらいで、低温期と高温期の2つに分かれます。生理開始から排卵までが約14日間、排卵日から次の生理までが約14日間です。低温期と高温期の境目に排卵が起こり、そのグラフの変化により正しく排卵しているかがわかります。
グラフを見てみて高温期が短すぎればプロゲステロンが上手く分泌していない状態で、排卵していない可能性があります。このようなグラフの変化は更年期の女性に見られ、若い方でも生殖器官の冷えやストレスによって影響が出ます。
ほかにも低温期が長すぎる、低温期と高温期の境目がハッキリしない、全体のグラフが均一でない、高温期の区別がつかない、生理周期が長いことも妊娠しにくい体になっていると判断できます。これらの原因はストレスや、卵巣機能の低下などが考えられます。

基礎体温の測り方

グラフに異常が無いか判断するには、毎日正しい測り方で実施する必要があります。グラフがおかしいなと思ったら、まずは基礎体温の測り方に間違いが無いか確認してください。排卵が無いのではなく、ただ単に測定のやり方が間違っているだけのこともあるからです。
基礎体温は必ず安静時に行います。朝起きたら、布団の中で体温計を口の中に入れます。体温計は舌の裏に入れ、体温計に記載されている測定時間を守りましょう。途中で起き上がったり、トイレに行くと正しい体温が測れなくなります。
もしトイレに起きてしまうなら、直ぐに布団に戻り、30分くらい安静を保ってから測定すると体温が正しい数値に近づきます。

時間が無い方は予測式が便利

通常の体温計は測定終了まで5分ほど必要です。5分もじっとしていられない方や、朝忙しくなかなか時間が取れない方は、体温計の予測式を選ぶ方法があります。これなら25~90秒と少ない時間で済むため、朝に時間を取られなくて済みます。
ただし予測式は体温に多少の誤差が出るため、正確な体温を測りたい場合は実測式を選びましょう。予測式で正しいグラフにならなかった方も、実測式に変えてみてもう一度グラフがどのように変化するか確かめてみることをおすすめします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加