基礎体温の測り方

2016/06/29

基礎体温をつける意味と正しい付け方

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

基礎体温をつける意味と正しい付け方

基礎体温をなぜ毎日測定する必要があるのか、疑問を持っている方もいるでしょう。基礎体温は妊娠だけでなく、ホルモンの変化を知るなど女性の体の状態を判断する材料となります。正しい基礎体温のつけ方を覚えて、自分の体の状態を把握しましょう。

女性の体を左右するホルモン

基礎体温が低温期、高温期とはっきりと分かれるのは、その時期により女性ホルモンの分泌量が変わるからです。女性の体は生理、卵胞期、排卵期、黄体期と4つの時期に分類でき、それぞれ女性ホルモンのバランスが変化しています。その影響により体温が変わり、低温期と高温期の2双曲線になるのです。 グラフが低温期と高温期に分かれていれば、きちんと排卵されているといえます。女性ホルモンはストレスでも影響を受けやすく、女性の心の変化により生理が止まったり周期が長引くのはこのためです。
基礎体温のグラフは生理や排卵日を知るだけでなく、女性ホルモンのバランスが整っているかの判断材料にもなります。

基礎体温を付けるとわかること

基礎体温を付けていると様々な女性の体の変化がわかります。自分の生理周期がわかれば、次の生理日を予測でき、旅行などの計画も立てやすくなります。 グラフからは排卵しているかも読み取れるため、妊娠を望んでいる方は排卵日を予測することで受精する確率も高まります。また、高温期が長いと妊娠している可能性が高いため、検査薬を購入するなど次のアクションにつなげやすいです。
また、グラフから女性ホルモンの分泌量がわかり、その時期に合わせた美容やダイエットの計画がたてられます。エストロゲンが多い時期は肌が潤いやすく、プロゲステロンが多くなると心も体も不調を感じます。
さらに更年期対策にも繋がり、自分の体が更年期に入りかけているか察知することができます。体調の変化を予測できれば、生活習慣や食生活を意識して変え、体調の変化を予防することが可能です。

基礎体温のつけ方

基礎体温は婦人体温計を使用し、朝起きて布団に入ったまま測定します。口に入れて舌の裏で体温を測るのが、正しい測り方です。体温は1ヶ月だけだと自分のリズムは判断しにくくなっていますから、できれば2~3周期くらいは測ってください。
毎朝体温を測定したら、基礎体温表にグラフを書き入れていきます。体温は点で書き入れ、前日と線を結んでグラフにしていきます。もし測り忘れた日があったら、その日は空欄にしておきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加