高温期

2016/06/29

高温期の基礎体温は何度から?高温期と妊娠の関係

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

高温期の基礎体温は何度から?高温期と妊娠の関係

低温期と高温期がはっきりしないと、いつから高温期に移行したのか把握することが出来ません。そのような方は、高温期の体温は何度からが目安なのかを知っておきましょう。妊娠すると高温期が長くなるため、体温の変化はとても重要です。

低温期と高温期の違い

理想的な体温の変化は、低温期が36.5℃以上、高温期がそれより0.3~0.5℃上がり、36.8℃前後です。しかし、元々基礎体温が低い人もいますから、高温期の体温が必ずしも36.8℃程度になるわけではありません。
最近は低体温で36.0℃以下の人も増えてきているため、低温期と高温期の温度変化があるかを目安にしてください。この変化は1周期のみで判断できるとは限らず、2~3周期と長い期間測定し、低温期と高温期がどのように変化しているかを観察します。
もし低温期が長く続き、高温期がはっきりとしないうちに生理がきたら、排卵していない可能性もあります。高温期がきても14日より極端に短い場合は、プロゲステロンの分泌が促されていないと判断できます。どちらも問題がありますから、早めに医師に相談し原因を突き止めましょう。

高温期がガタガタで判断できない

なかには低温期と高温期がはっきり分かれず、グラフがガタガタになり、高温期の体温が安定しない方もいます。このような方はストレスにより脳の指令機能が正しく行なわれず、ホルモン分泌の指令を出せていない可能性があります。また、卵巣機能の問題や、排卵障害なども考えられます。
高温期が維持されず体温が高くなったり、低くなる場合は、一度婦人科を受診して問題がないか調べてもらいましょう。卵巣や子宮など生殖器官に問題がなければ、ストレスや冷えなどの原因が疑われます。女性ホルモンの分泌は脳が指令を出しているため、ちょっとしたストレスでも影響が出やすいため注意しましょう。

高温期と妊娠の関係

高温期が2週間以上続くと妊娠している可能性があります。28日周期の場合高温期はおよそ14日ですから、それより長い場合は妊娠の可能性があります。もし妊娠してれば生理予定日を過ぎても体温が高温のまま推移し、熱っぽさや吐き気など妊娠初期症状を感じ始めます。
産婦人科を受診するタイミングは、生理予定日から1週間を経過してからです。その頃になると、市販の妊娠検査薬にも陽性反応がでますから、自分で購入し一度検査してみると良いでしょう。病院を受診するのは妊娠を確定するだけでなく、子宮外妊娠など異常をいち早く発見するためでもあります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加