低温期

【妊娠しやすい身体づくり】基礎体温が低い原因と改善方法

基礎体温が低いと妊娠に影響を及ぼすことがあります。体温が低い女性が増えているともいわれていますから、基礎体温を測り自分の体温変化を把握しておきましょう。体温が低くなる原因と改善方法をチェックしてみてください。

基礎体温が低いとは?

基礎体温が低いといっても様々なタイプがあります。低温期は36.7℃以下、高温期は低温期と反対で36.7℃以上となり、その差は0.3~0.5℃になるのが理想です。この2つの体温の推移をグラフに表すと高温期と低温期の2層に分かれます。
しかし、体温全体が低くなり低体温になっている人や、高温期が36.7℃以上にならない方、高温期と低温期が2層にならず体温差がほとんど無い場合は注意が必要です。これらはどれも基礎体温が低く、排卵していない場合や、受精卵が上手く育たず流産するケースもあります。
とくに注意したいのが高温期と低温期の差が無い場合で、通常は差が0.3℃以上になるのがポイントです。もともと低体温の方でもきちんと二層に分かれていれば、排卵があると判断できます。しかし、体が冷えると卵巣機能も低下しやすいため、基礎体温を測り自分の体調の変化を把握しておくようにしましょう。

高温期が低い場合

高温期が低く低温期と比べて0.3℃以上の差が無い場合は、もしかしたら排卵していないかもしれません。基礎体温を測ると排卵の有無がわかるため、妊娠を希望する方は毎日測定することをおすすめします。
無排卵でも生理はきますから、基礎体温を測り自分の体の状態を正確に判断することが重要です。
高温期の体温が低い原因は、ストレスや体の冷え、無理なダイエットなどが考えられます。体の血行が悪くなれば生殖器官の機能が低下しやすく、ストレスは脳の機能を低下させる原因になります。無理なダイエットは貧血の原因となり、血行が悪くなって体温に影響が出やすくなります。子宮や卵巣の機能が低下すると、将来の不妊症に繋がる恐れがあります。

基礎体温が低い方の改善方法

基礎体温が低い方は、高温期に分泌されるプロゲステロンの量を多くする必要があります。このホルモンは子宮内膜を厚くし、受精卵のベッドを作り、体温を上昇させ受精卵が着床して育ちやすい環境を保ちます。
高温期の体温が十分高くならないということは、このホルモン分泌が低下している証拠で、その結果受精卵が育たず、着床しにくい状態であるということです。妊娠しにくい方は高温期の体温が低くなっていることも多いのです。
高温期の体温を上昇させるために、原因となっているストレスを解消したり、体の冷えを取りのぞき、無理なダイエットを避けて栄養バランスに注意しましょう。


2016/06/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事