排卵日

2016/06/29

基礎体温から排卵日を予測する方法

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

基礎体温から排卵日を予測する方法

妊娠を望む方は、基礎体温から排卵日を予測してみましょう。排卵していない場合もあるため、2~3カ月測って自分の体の状態を把握しましょう。基礎体温は不妊治療だけでなく、日々の健康管理にも活用することができます。

まずは排卵があるかチェック

今まで基礎体温を測ったことがない方、またはしばらくぶりの方はまず排卵があるかチェックしてみましょう。基礎体温を1カ月測ると、低温期と高温期の2相に分かれるのですが、この差がはっきりしてないと排卵していない恐れがあります。
とくに低温期から高温期への温度変化がほとんど無く、その差が0.3℃以下の場合は注意が必要です。差が見られないということは、低温期がずっと続いている状態のため、排卵がない状態と考えられます。ほかにもプロゲステロンの分泌が十分ではなく、体温が上がりにくくなっているケースも見られます。
正常な生理周期では、28日周期の場合低温期が14日、高温期が14日とはっきりと分かれます。一方で排卵が無い方は低温期が長く、高温期に移行しても体温が上がりにくくなっています。

排卵日の予測方法

排卵日は低温期と高温期の境目に起こるため、28日周期の場合は14日前後と判断できます。この前後2~3日程度に体温がぐっと下がる日がありますから、これを目安にすると分かりやすいでしょう。
排卵日は体温が一番低下した日に起こりますが、必ずしも体温が一番低下した日とは限らず、その前後に起こる確率が高いです。

タイミング療法

不妊治療の第一歩として試すことが多いのが、タイミング療法です。基礎体温を使い排卵日を予測し、受精率を高めます。これは自然周期に合わせてタイミングを合わせる方法と、排卵誘発剤を使用し調節する方法があります。
基礎体温を利用する以外にも、尿中のLHを測定したり、超音波検査で排卵日を特定する方法もあります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加