妊活サプリメントの基礎

2016/06/29

妊活・妊娠に良いと言われている「マカ」の成分・効能

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊活・妊娠に良いと言われている「マカ」の成分・効能

妊活によく利用されているマカは、どのような効果があるのでしょうか?これから妊娠を望む方は、マカの成分から読み取る効果や、効能などを理解しておきましょう。男女共に使える食品ですから、副作用が無く性機能を高めるために活用できます。

マカに含まれる成分

マカは男女どちらにも使える食品で、妊活のサプリメントとしても広く活用されています。
マカはアンデス地方で古くからスタミナ食としても活用されており、滋養強壮などにも良いとされています。マカにはアミノ酸やミネラルが豊富で、栽培した土地は数年ほど不毛になるといわれるほどです。それだけ土壌の栄養を吸収した作物だといえるのです。
含まれる栄養の多くは炭水化物で、たんぱく質・アルギニンなどのアミノ酸などが含まれています。ほかにも食物繊維、アンチエイジングにも良いサポニンなどが摂取できます。性機能とも関連する亜鉛・セレンも含まれ、精子つくりや女性ホルモン生成にも活用することができます。

女性が注目したい効果

マカは滋養強壮として使われることが多いことから、男性の精力剤のように考えている方も多いかもしれません。実は女性の妊活にも役立てることができる食品で、女性の場合は豊富なアミノ酸により女性ホルモンの分泌を調節す作用が得られます。同時にホルモン生成とも関係する亜鉛も摂取できますから、女性にもおすすめできます。
さらに注目したいのが更年期障害にも役立てられている点でしょう。ホルモンバランスが乱れている方に有効で、年令を重ねてもホルモンバランスを整えれば妊娠できる可能性が高まります。
ほかにもサポニンのような抗酸化物質や、老化予防に良いとされるビタミンEが多いことも注目してみましょう。体が老化する原因のひとつが酸化ストレスだともいわれており、サビから守る力が高まれば健康な卵子が育つできる環境が整うといえるのです。

血行を良くする効果

不妊症で悩まれている方の多くは、冷えを持っているといわれています。体が冷えると卵巣や子宮の働きも低下しやすく、ホルモンバランスの乱れを招きます。マカにはビタミンEやセレンなど、血流を改善する効果が高い栄養素が含まれています。そのため冷えを伴う女性にもよく使われており、体温低下にともなう自律神経も改善してくれます。
足が冷たいと感じる女性や、更年期でのぼせを感じる女性にもマカは最適な食品です。さらに亜鉛やアルギニンにより成長ホルモンの分泌を促し、新陳代謝も高めることができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加