妊活サプリメントの基礎

2016/06/29

意外と知らない!「亜鉛」が妊活に必要な3つの理由

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

意外と知らない!「亜鉛」が妊活に必要な3つの理由

一般的に牡蠣などの魚介類やビーフジャーキーなどの肉類に含まれている亜鉛は必須ミネラルとして有名ですが、近年では妊活にも有効な栄養だということが分かってきています。亜鉛はどのようにして妊活へ影響を及ぼすのでしょうか。

ホルモンバランスを正常に保つ!

女性にとってホルモンバランスは非常に重要で、美容や健康面から見てもバランスを取っていく必要があると分かっています。肌荒れが引き起こされてしまう原因の1つにもなっているだけでなく、妊活にも重要であることが判明したことで更に注目を浴びるようになりました。そもそも女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの二種類に大別でき、これらのホルモン量の均衡がとれていないと身体に少しずつ影響を及ぼしていくことにつながります。ホルモンの分泌量は排卵日と深い関係にあり、きちんとバランスが取れていないと排卵日にばらつきが出てしまうため、妊活でも重要視されているわけです。亜鉛はホルモンバランスを調整してくれる成分で、したがって妊活にも有効な栄養素とされています。

男性にも効果あり!

亜鉛という栄養素の凄みは女性に対してだけでなく、男性の性生活においてもその効果を発揮する点にあります。亜鉛は男性の精子を作り出す働きや、精子の活動を活発にする働きがあることが分かっており、男性の妊活にも有効と言えます。必須ミネラル成分として知られる亜鉛は「セックスミネラル」と呼ばれることがありますが、これは男性にとっても女性にとっても性生活の質を向上させてくれることに由来しているのです。妊活は女性だけがすれば良いわけではなく、パートナーの男性と共に歩んでいく必要がありますので、二人で亜鉛を取り入れた食生活を送られるように活動をしていきましょう。

赤ちゃんの成長にも必須!

妊娠するまでの道のりも重要ですが、だからといって妊娠後をおろそかにしてはなりません。亜鉛は妊娠後についても有用な栄養となりますので、継続して食事に取り入れていきたいところです。お腹の中に宿った赤ちゃんは細胞分裂を繰り返すことによって成長していくことになりますが、亜鉛はこの分裂を活発化させてくれる、成長を促してくれることも分かっていますので、赤ちゃんのためにも積極的に摂取していかなければなりません。
また生まれた後についても授乳に際して亜鉛不足になってしまうと赤ちゃんの免疫力を維持できなくなってしまいますので、その後も食生活には気を使う必要があると言えます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加