妊活サプリメントの基礎

2016/06/29

体に優しい「漢方」でリラックス妊活はじめませんか?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

体に優しい「漢方」でリラックス妊活はじめませんか?

漢方は妊活の強い味方です。妊娠中は薬の服用に制限がかかってしまいますが、漢方ならば問題無いというケースも多く、またリラックス効果も期待できますので、体の調子が悪くなった際にはぜひ活用してみてください。

妊娠は心の健やかさに左右される!

病は気から、プラシーボ効果、思い込みの力という人体の不思議は医学的に証明されているわけではありませんが、この力は必ず存在していて、私達の健康を大いに左右しています。何の効果の無い薬だと教えてから薬を処方しても効果が認められるケースがあるほどで、何かを信じる、希望を見出すことによって健康を実現できると言っても過言ではありません。しかしながらこの思い込みの力はマイナス方向にも作用することが分かっています。つまり悪いように考え込んでしまえば病状や体の調子はどんどん悪くなっていってしまうため注意しなければなりません。
これは妊娠についても同様のことが言えます。ストレスを溜め込み過ぎてしまい、思いつめてしまうとホルモンバランスが崩れ、不妊へとつながることもありますし、反対にリラックスして心を穏やかに健やかに保つことができれば妊活にもつながります。ストレスは適度に発散してあげるように、思いつめないように努力することも妊活の1つと言えます。

妊活と漢方とリラックス

ストレス解消法は個人の好みに合わせて行うと良いでしょう。スポーツをしてストレスを発散しリラックスタイムを満喫するのも良いですし、アロマなどを用いるのもお勧めです。この他にも漢方はお勧めのリラックス方法です。冷え性や血行を良くする効果が期待できる漢方や体を元気にしてくれる漢方は知られていますが、実はリラックス効果も期待できる漢方もありますので、ぜひ活用してみてください。漢方のお茶なども気分が落ち着いて良いものですよ。

漢方は頼れる存在!

漢方の凄さは妊娠中にも発揮されることになります。妊娠中は体に気を使うことになり、極力病気をしないように気を付けるものですが、それでも風邪をひいたり調子を悪くしたりすることは少なからずあるものです。そんな時に漢方が頼れる味方となります。胎児がいる場合には特定の薬を服用することができなくなりますが、漢方ならば胎児への影響も無いとしているものが多く、体の調子を取り戻すためにも最適なのです。ただし闇雲に服用すれば良いというわけではありませんので、医師や薬剤師の方と相談をした上で服用するように注意しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加