イベント・セミナー

2016/07/01

三重県がおじいちゃん、パパに向けて実施する「孫育て講座」

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

三重県がおじいちゃん、パパに向けて実施する「孫育て講座」

県と市町が連携する

三重県は、平成27年度から始めている「孫育て講座~パパとじぃじのための子育て教室~」を平成28年6月26日、名張市で開催しました。

この取り組みは男性の育児参画を応援する目的で、祖父母世代がもつ子育ての知恵や経験の活かし方、子育て中の若年齢層や孫との接し方、求められる知識技能などを学ぶ講座です。

県が市町と連携し、市町からのオファーを受けて、講師を派遣します。これまでに、同県の6つの市町(名張市、鈴鹿市、松阪市、尾鷲市、川越町、大台町)で行われました。

子育ての知識と実技を学ぶ

名張市での「孫育て講座」は、同市内に在住するおじいちゃん、子育て中のパパ、地域の孫育て支援に関心のある人、50人を対象に、抱っこマイスターと助産師を講師に実施するものです。

基礎講座では名張市の子育てサービス、相談場所、子供が育つ魔法の言葉などを紹介します。応用講座1では、今と昔の子育てのちがいや育児グッズ、抱っこグッズなどを扱い、応用講座2では、沐浴実習、着替え、オムツ替え、抱っこ実習、妊婦ジャケット体験を実際に体験します。

同市では同じ内容の講座を、10月16日(蔵持市民センター)、平成29年2月25日(防災センター)にも開催します。

参考サイト

三重県 プレスリリース


  • このエントリーをはてなブックマークに追加