妊娠検査薬の基礎

2016/06/30

妊娠検査薬クリアブルーで陰性に!他の検査薬も試すべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠検査薬クリアブルーで陰性に!他の検査薬も試すべき?

妊娠検査薬クリアブルーは市販で売られている妊娠検査薬の中でも比較的有名な妊娠検査薬です。しかしながらクリアブルーで陰性になったときはどうすればよいのでしょうか?ほかの検査薬を試すべきなのでしょうか?今回は、妊娠検査薬クリアブルーについてご紹介します。

妊娠検査薬クリアブルーってどのようなもの?

妊活をしている人でもそうでなくても、クリアブルーという名前は聞いたことがあるかもしれません。世界50か国以上で使われています。妊娠検査薬クリアブルーの特徴は、尿をかけて1分程度で反応が出るという手軽さです。生理開始予定日の1週間後から検査可能です。

妊娠検査薬クリアブルーで陰性が出る場合もあります

妊娠検査薬クリアブルーは、尿中に排出されているhCGというホルモンが検出されることで妊娠と判定します。正確性の高い妊娠検査薬ですが、1度目の検査では陰性となる場合もあります。そのため、陰性になったとしても1週間くらい生理が来ない場合は他の検査薬を試すとよいでしょう。念のためにもう一度妊娠検査薬クリアブルーを使ってみるのも一つの方法です。不安であれば、最初から2本目を購入しておきましょう。

妊娠検査薬クリアブルーが陰性になる場合妊娠しているのにクリアブルーが陰性になる場合もあります。考えられることとして、通常は生理予定日1週間後から検査が可能ですが、それよりも早く検査してしまったために、尿中のhCGが少なかったというケースです。ほかにも、かける尿量が少なかった場合にも、うまくhCGが検出されずに陰性が出てしまうことがあります。
妊娠検査薬が陰性になるからといって妊娠していないと断定することは出来ません。特に妊娠を願う方は、早く結果が知りたくて検査日まで待てずに妊娠検査薬を試してしまいがちです。そのため、普段から基礎体温を測って生理周期を把握しておくと、判断の目安になるでしょう。
きちんと妊娠しているかの判定は産婦人科で行うことになります。そのため、妊娠検査薬を試して陽性になったら、もしくは妊娠検査薬は陰性であるが妊娠症状のような状態が続く場合は、産婦人科で診察を受けましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加