調査・アンケート

2016/07/04

「子供を預けたいのに預けられない」8割のママが回答

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

「子供を預けたいのに預けられない」8割のママが回答

保育園不足等、未だ深刻

6月に閣議決定された「日本再興戦略2016」で、女性の活躍推進は経済社会に多様な価値観をもたらし、イノベーションの創出にもつながっていくと指摘しています。また国家経済と社会全体の構造改革を進めるために必要であり、待機児童の解消をはじめ政策を総動員していくと言っています。

しかし、保育園やシッターの不足は未だ深刻であり、待機児童の解消が難しいのが現実です。それに加え、核家族が増え近所付き合いが減ってきているため、子育ての難しさを感じている母親は多くなっています。

そこで、レストランやエステ・習い事を託児付きで利用可能にするサービスを展開している「株式会社ここるく」では、『子育てアンケート~「預ける」の実態について』と題し、都心部での街頭アンケートとwebアンケートを実施しました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加