子育て

2016/07/11

子どもの健康を考えて住宅は無垢の木の方がいい?

この記事の監修/執筆

二級建築士事務所 代表古市 久美子

子どもの健康を考えて住宅は無垢の木の方がいい?

戸建住宅の購入を検討中。子どもの健康を考えて無垢の木の方がいい?

9ヶ月の男の子がいるママです。もうすぐ30歳ということで戸建住宅の購入を検討中です。その中で壁紙の材質をどうすべきか悩んでいます。子どもの健康を考えて床も含めて無垢の木の方がいいのか。それともやんちゃ盛りな子ども達の後片付けを楽にするために落書きなども消せる壁紙にした方がいいのか。ゆくゆくは第二子も欲しいなと思っているのでそうなると益々家はぐちゃぐちゃにされるでしょう。でも無垢の木はアレルギー等にも優しいというし…。悩みどころです。どういった視点で選べば良いかアドバイスいただければと思います。(20代・女性)

建築家 古市さんの回答

こんにちは。

素材については、ほんとうに悩みどころですよね。
わたしの事務所の設計では、自然素材をすすめることが多く、クライアントの趣向も
その方向の方が多いですが、ごしごしたわしで落とせたり洗剤使えたりする素材も子育て世代としては魅力的です。
今はいろんな新素材がでてきていますし特に日本は化学的な素材の先進国で、広告宣伝もすごくて迷いますよね。

ところで、【家の壁に落書きしちゃいけない】、というのは、
それが、壁紙だろうと漆喰だろうと壁の素材によらずこどもたちに
ゆっくり伝えていかねばならないことですよね。
しかし、おおよそ5,6年くらいの間どうするかが問題です。
高機能壁紙にすれば気持ちも楽だというなら壁紙にしたらよいと思います。
気持ちが楽というのも体にいいでしょう。
そのほうがストレス少なく過ごせる方もいらっしゃると思います。
一方で、壁紙は接着剤をつかって貼ります。
ですからご質問者さまのご指摘のとおり、物理的に体によいのは自然素材のほうです。

となると、それぞれ好みで決めていいのではないかと思います。

さて。ここで自然素材のメンテナンス方法について書きます。
自然素材が子育て世代にこそ必要なのに、敬遠されがちなのはメンテナンスが面倒だからという理由でしょう。
たしかに面倒は面倒ですが、わかっていれば結構楽しいです。植物を育てるのと似ています。

たとえば、無垢の床材です。
普段はからぶきと掃除機, 大掃除のときには固くしぼった雑巾ぶき、
ちょっとぱさぱさしてるなと思った箇所にオイルを含ませた布でふく。
普通の床とあんまり変わりません。
ただ、水をこぼしたときになるべく早くふかないとシミになります。
シミはやすりでこすり、オイルを塗れば回復します。

このように日々、つきあっていくのが楽しいと思える素材を選択すれば良いと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加