子連れの移動

2016/07/15

赤ちゃん連れの旅行。車or新幹線どっちがよい?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

赤ちゃん連れの旅行。車or新幹線どっちがよい?

小さな赤ちゃんを連れての旅行は、色々と不安がつきものです。少々ぐずっても周囲に気を遣わない車での移動か、それとも新幹線などの公共交通機関を利用したほうがよいかとの相談に、産後出張ケアセラピストさんからのアドバイスです。

ママからの相談:「赤ちゃんを連れて旅行しますが、車か新幹線か迷っています」

近々子連れで家族旅行を計画しています。1歳になり泣かずに大人しく座っていることが増え、人見知りもなく穏やかなため家族は新幹線かバスでもよいのではと思っていますが、いざぐずり始めると絶対に周囲に迷惑をかけると思うので、個人的にはとても不安です。実母は、ぐずれば少し場所を変えたりすれば平気よといっていますが、新幹線やバスでの移動は大丈夫でしょうか。(30代・女性)

ママの不安は赤ちゃんに伝わる

ママが「大丈夫かしら?」と不安な気持ちでいると、赤ちゃんにもその不安が伝わってしまうようです。どうしても心配な場合は、家族にその不安な気持ちをわかってもらう必要があります。

移動時に何より赤ちゃんに影響を与えるのは、赤ちゃんが一番身近に感じ信頼している「ママの気持ち」です。ママが不安であればご家族にそのことを誠心誠意伝え、今回は自家用車での移動をお願いしてもよいのではないでしょうか。(産後出張ケアセラピスト)

新幹線の多目的室を利用しても

新幹線には、身体の不自由な人や小さな赤ちゃん連れの方が利用できる、多目的室と呼ばれる個室が設置されています。ぐずった時のことを考え、多目的室がある車両を利用すると安心ではないでしょうか。

普段大人しく、ご旅行に同行されるご家族もいらっしゃるとのことですので、人数によっては新幹線の個室を予約するという方法もあります。個室まではということであれば、多目的室(車掌さんに鍵をあけていただき、授乳や気分が悪くなった時などに使えます)が比較的近い車両にお席をとってはいかがでしょうか。(産後出張ケアセラピスト)
何かあった場合は多目的室を利用する家族連れも比較的多いので、安心できるかもしれません。泣いてしまっても、周囲の方に声をおかけしながら家族のサポートを経て乗り切ろうという気持ちが、赤ちゃんの気持ちを楽にするかもしれませんね。(産後出張ケアセラピスト)

新幹線の多目的室はのぞみやひかりの場合11号車となるようですが、その他の列車や、当日の編成によっては設置号車が異なることもあるので、事前に鉄道会社に問い合わせておきましょう。産後出張ケアセラピストの方のアドバイスを参考に、再度家族とよく話し合って楽しい旅にしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加