子連れの移動

赤ちゃん連れの新幹線。グリーン車はNG?

赤ちゃんとのおでかけはお楽しみですが、移動に不安はつきもの。自由に乗り降りできる車ではなく電車の場合、とくに長時間になる新幹線での移動は大きなイベントです。安心しておでかけするために、新幹線に乗る際のポイントを知っておきましょう。

指定席と自由席だったら、絶対に指定席にする

赤ちゃんとの移動をスムーズに行うためには、何より準備が肝心。新幹線に乗るとき、まず忘れてはいけないのは、事前に指定席のチケットを購入しておくことです。自由席に座れるだろうと思っていざ新幹線に乗っても、出入りしにくい場所しか空いていなかったり、満席だったりする場合があります。赤ちゃんを連れている上に自分の荷物も抱えて途方にくれてしまわないよう、指定席は必ず押さえておくのがおすすめです。

グリーン車に乗る際の持ち物

グリーン車は普通車に比べて定員が少なく、静かで落ち着いた雰囲気の車両です。新幹線で少しでもゆったりと過ごすために、多少お金がかかっても快適なグリーン車を利用したい、というママもいるでしょう。一方で、グリーン車を利用するのはビジネスマンなどが多く、もし赤ちゃんがぐずったときに泣き声が迷惑になるのではないか、親の肩身がせまいのではないかと不安を感じる声があるのも事実です。
でも、同じ料金を支払っているのですから、必要以上に気を遣わなくても大丈夫です。ただし、他の乗客へのマナーとしても、ママ自身が安心して過ごすためにも、赤ちゃんがぐずったときの対策はしっかり立てておきましょう。
オムツや飲み物、おやつ、抱っこ紐など普段から持ち歩いているお出かけグッズに加えて、赤ちゃんが気に入っているぬいぐるみやおもちゃ、絵本など、長時間の移動で飽きさせないためのアイテムは、車両の種類を問わず新幹線での移動には必要不可欠です。
隣の席の人に「ご迷惑をおかけします」など、一声かけることも忘れずに。

座席はどこを選んだほうがいい?

新幹線の座席を予約する際には、次のようなポイントを確認しておきましょう。


・多目的トイレの位置
・多目的室の位置
・デッキに出やすいかどうか
・荷物を置くスペースがあるか
・ホームの階段やエスカレーター、エレベーターとの距離

新幹線でオムツを替える際には、おむつ交換台がついている多目的トイレを利用するのが便利です。授乳が必要な場合は、車掌さんに声をかけると、多目的室を使わせてもらうことができます。個室であれば、やはりママも赤ちゃんも安心でしょう。もちろん、タイミングによっては多目的室が使用中の可能性もありますし、急ぐときなどは授乳ケープなどを使用して座席で授乳することもできます。

車内で赤ちゃんがぐずってしまったときには、一時的にデッキに出ると、周りの目も気にならず気分転換することができます。頻繁に出入りしても気を遣わなくて済むよう、車両の最前列または最後列がおすすめです。パパも一緒など、大人2人で乗車する際は2人席がベストですが、ママと赤ちゃんだけという場合は、出入りの点からみると通路側の席がよいでしょう。子どもが1歳頃になってくると、列車の窓から外をみているほうがご機嫌ということもあります。あらかじめわかっていれば窓側を選んでもよいですね。

ベビーカーを持参して新幹線にのりたい場合、一番の問題は置き場の確保です。車両によってはデッキに荷物置き場がありますが、置き場がないタイプの車両もあります。その場合は、スペースの広い最前列を確保して座席の前に置くか、最後列を確保して後ろのスペースに置いておくのがスムーズです。また、ホームでの移動を考えて、階段やエスカレーター、エレベーターと車両との位置関係を把握しておくと安心です。

以上のことから、新幹線でもっともおすすめの席は「多目的室がある車両の近くで、デッキに近い最前列か最後列の通路側」といえるでしょう。

最近はインターネットで簡単にチケットを購入できますが、進行方向によってどちらが前になるかも変わります。わかりづらい場合は、駅の窓口で質問や相談をしてみることをおすすめします。

赤ちゃん連れの場合のグリーン車の料金

赤ちゃんを連れて新幹線にのる場合、赤ちゃんが大人の膝に乗って乗車するのであれば、赤ちゃんは無料です。でも、動きまわってしまうのでママの一席だけでは大変といった理由から、子どもの分も席を利用する場合には、大人の半額となる子ども運賃の乗車券と特急券が必要となります。

ちなみに、グリーン車に乗る際に必要となる「グリーン券」には、子ども料金がありません。大人の膝に乗る分には不要ですが、もしグリーン車で赤ちゃんの席も確保する場合には、子ども料金の乗車券・特急券に加えて、大人と同じ料金のグリーン券が必要になることに注意しておきましょう。

年末年始やお盆休みのグリーン車の混雑状況

ここまでお伝えしてきたように、赤ちゃんと落ち着いて新幹線に乗るためには、安心な席を確保しておくことが大切です。とくに年末年始やお盆休みなど、多くの人が移動する時期は、多目的室に近い車両などはすぐに子連れでいっぱいになってしまいます。

普段は席に余裕があるイメージのグリーン車も、繁忙期は要注意。時間帯によっては満席となることもめずらしくありません。普通車の指定席が埋まっていたらグリーン車にしよう、という目算が外れることもあるので早めに予約しましょう。

なにかと予想外の出来事が起こることも多い赤ちゃんとのおでかけ。混雑時は精神的にも疲れやすくなります。新幹線の座席の確保や、駅の設備を把握しておくといった基本的な下調べは万全にしておきましょう。繁忙期はとくに、授乳室やオムツ替え台が混雑していることも見越して、時間に余裕をもって移動することが大切です。

新幹線は揺れが少ないためか、赤ちゃんがぐっすり眠って全く困らなかったというエピソードも耳にします。対策を万全にして、移動を含めて帰省や旅行などのイベントを楽しみましょう。

執筆者:南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケアトレーナー。株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での勤務を経て、とらうべ 社設立。医療職が企業人として女性の一生に寄り添うことを旨とし、30年にわたって各種サービスを展開中。

監修者:株式会社 とらうべ
助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士などの医療職や専門家が在籍し、医師とも提携。医療や健康、妊娠・出産・育児や女性の身体についての記事執筆や、医療監修によって情報の信頼性を確認・検証するサービスを提供。

2018/12/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

保健・衛生・妊娠・育児コンサルタント株式会社とらうべ