話題・時事ネタ

2016/07/08

人気の「メルカリ」は社員にも優しい会社だった!!

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

人気の「メルカリ」は社員にも優しい会社だった!!

産んで育てて働きやすい職場へ

フリマアプリ「メルカリ」を運営する株式会社メルカリは7月4日、社員の不妊治療や病児保育の費用負担などを行うと発表しました。

今年2月に導入された同社の人事制度「merci box」では「産休・育休中の給与の100%保障」を唱えており、導入から4ヶ月で経営陣をはじめとする6人が産休・育休を取得。制度は積極的に活用されているそうです。

不妊治療の負担額が0円になるケースも

今回この「merci box」にて、高額な費用が発生する可能性のある不妊治療を社員が行う場合、その費用を会社が一部負担する制度を追加しました。保険適用の治療の場合には会社が治療費の3割を負担し、実質本人負担額は0円になります。

助成の対象は治療の開始から10年間で、所得制限や年齢、回数の制限なく利用できる上、自治体による補助との併用も可能とのことです。

病児保育もサポート

また、子どもが病気になった際に臨時で保育施設やベビーシッターを利用する場合、利用時間の制限なく1時間あたり1,500円を支給する、病児保育費の支援も追加されました。

同社はこうした制度で、社員が安心して出産や育児、そして仕事に専念できる環境を整え、「Go Boldにおもいっきり働ける環境」を充実させていくことを目指しているとしています。

参考サイト

メルカリ、妊活や病児保育の支援を人事制度「merci box」に追加 -高額な保険外の不妊治療も3割負担で受診可能


  • このエントリーをはてなブックマークに追加