子連れの移動

ベビーカーでエスカレーターに乗っても大丈夫?

ベビーカーの移動で、エレベーターが見つからず困ったことのあるママは多いでしょう。しかし、エスカレーターの利用には不安を感じるというママに対し、セラピストさんはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「ベビーカーでエスカレーターに乗る危険性は?」

産後2カ月になります。赤ちゃんに少しずつ外へ慣れてもらうため、近所のスーパーへはベビーカーで行くようになりました。スーパーは2階建てでエレベーターがないため、ベビーカーをたたみ、赤ちゃんを抱っこして階段を上り下りしていますが、重いし大変です。上りのみエスカレーターがあり、たまにベビーカーを広げたまま乗っている人を見かけるのですが、危険はないのでしょうか。見ていて怖いです。(30代・女性)

ベビーカーでエスカレーターに乗ることに危険性はある

エスカレーターは急停止する可能性があるので、様々な状況を想定すると危険性があると言えますし、禁止しているところもあります。お買い物は、抱っこひもとベビーカーを併用すれば快適になるのではないでしょうか。

エスカレーターにベビーカーを乗せているパパやママを駅やデパート、スーパーなどで見かけますが、危なくないとは言い難いです。エスカレーターは急停止する可能性がある乗り物です。万が一急停止したときに、ベビーカーに乗る赤ちゃんをきちんと抱きとめられるか、ベビーカーの上に前の人が倒れ込んでこないか、状況にもよりますが、危険がないとは言えないと思います。場所によっては、禁止しているところもあります。(産後出張ケアセラピスト)
夫とこの件について話してみて、両親としての共通見解を持つことができれば、気持ちも少し楽になるかもしれません。お買い物は、自宅から抱っこひもを装着して赤ちゃんはベビーカーに乗せて出発、階段ではベビーカーを階下に置くか店員さんに預かってもらって、抱っこひもで2階へ上がってはいかがでしょう。買い物が終了したら再び赤ちゃんをベビーカーに乗せ、荷物も積んで帰宅。これが一番快適でリーズナブルではないでしょうか。(産後出張ケアセラピスト)

便利さとリスクを天秤にかけ、親として判断していくのが子育て

子どもの危険に対する予測と対策は、考えても尽きないことです。便利さとリスクを天秤にかけ、親としてどうしたいかを軸に判断していくとよいでしょう。

危険の予知と対処という意味では、抱っこひもで赤ちゃんを抱えた状態でエスカレーターに乗っていても、急停止した際にママが自分の身体を支えきれず、前に転倒してしまうケースはあると思います。危険の発生頻度とその予知や予測、発生した際の対策や防御策は、どこまで考えても尽きません。(産後出張ケアセラピスト)
便利さとリスクを天秤にかけながら判断していく場面は、これから子どもが成長するなかでたくさん出てきます。親になるということは、そういう使命や役割を背負うことでもあるのです。様々な場面で、親として自分自身がどうしていきたいのか、そういう自分軸を持ち、自信をもって子育てをしてもらえればと思います。(産後出張ケアセラピスト)

エスカレーターは急停止する可能性があるため、様々な状況を想定すると危険性があるようです。お買い物は抱っこひもとベビーカーを併用するのも一案です。危険の予測や対策は考えても尽きませんが、親としてどうしたいかを軸に判断することが大切だそうです。


2016/07/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)