妊娠糖尿病

2016/07/20

妊娠38週。尿糖が高く、妊娠糖尿病が不安!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠38週。尿糖が高く、妊娠糖尿病が不安!

妊娠中の母子の健康維持には、食事の管理が重要です。高めの尿糖が続いていることに不安を感じている妊婦さんから相談がありました。お医者さんたちは、どのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「バランスよく食べているはずなのに尿糖が高いです、どうすればいいですか」

現在38週です。29週頃より、尿糖+と++が続いています。甘いものは大して食べず、食事も野菜を中心にバランスよく摂っているつもりです。24週から現在までで、体重は6kgほどしか増えていません。先日、血糖値も少し高かったので様子をみましょうといわれましたが、妊娠糖尿病と診断されてしまうのではと心配です。妊娠糖尿病はどのように判断するのですか。また何に気をつければいいのでしょうか。(20代・女性)

糖尿病は血糖値で判断

糖尿病は、血糖値で判断します。糖尿病が疑われる場合は特別な検査が行われますが、現段階で特に医師からの指摘もないため、あまり心配する必要はないようです。

妊娠中はホルモンや糖代謝のバランスが非妊娠時と大きく変化し、生理的に尿糖が出やすい状態です。尿糖の有無はスクリーニングとして調べるものの、診断の基準にはなりません。空腹時の血糖値が継続して高ければ妊娠糖尿病が疑われ、甘いシロップを飲んだ1時間後、2時間後に血糖を測る検査をしますが、それが行われずに38週まで来たのであれば、妊娠糖尿病の影響を心配する必要はあまりないと考えます。(医師)

炭水化物の取りすぎに注意

食事を摂るときの注意点や、妊娠中の身体の動かし方についてアドバイスがありました。

高血糖が妊娠による一時的なものでしたらインスリンを使うまでもありませんが、体重の増加や食事には注意しなければなりません。野菜中心のバランスのとれた食事はいいことですが、パンやご飯など、炭水化物をとりすぎていませんか。炭水化物は糖に分解されますので、血糖値が高い間は少し控えるようにしてください。(産科・婦人科医師)
妊娠中はダイエットはできませんが、普段の家事に加えて、散歩や体操で身体を動かすようにしてください。妊娠後期に入れば、医師からも運動を勧められているでしょう。現在、様子をみるだけで、特に医師からの指示がなければ心配ありませんが、産後も糖分のとりすぎに注意してください。(産科・婦人科医師)

血糖値の高い状態が続くと、特別な検査で血糖を測って診断が行われるそうです。妊娠中は尿糖や血糖が高くなりやすいため、医師から特に指摘がないのであれば問題はないようです。食事では炭水化物の摂りすぎに注意し、散歩などで身体を動かすといいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加