子宮頸がん

2016/07/21

子宮頸癌の前段階“異形成”と診断…どうすればいい?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

子宮頸癌の前段階“異形成”と診断…どうすればいい?

子宮頚部異形成(しきゅうけいぶいけいせい)という言葉を聞いたことがありますか。これは子宮頸癌(しきゅうけいがん)の前段階で、まだ癌とまではいえない状態のことです。今回の相談者は中等度の異形成と診断されました。自然治癒する可能性もあるといわれていますが、回復のためには日々の生活で何に気をつければよいのでしょうか。専門家に聞いてみました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加