授乳中の食事

2014/07/22

ママの食べたものが母乳を通して子供のアレルギーの引き金になる?!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

ママの食べたものが母乳を通して子供のアレルギーの引き金になる?!

子供の食物アレルギーの問題は年々深刻化していて、心配なママも多いはず。医療やヘルスケアの専門家が回答するQ&Aサイト「なるカラ」にも、3カ月になる子供の母乳を通じた食物アレルギーに不安をもつママから相談が寄せられていました。

ママからの相談:「授乳によって子供にアレルギーがでないか心配です…」

ママの食べたものがアレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)として母乳にでてきて、子供にアレルギー反応が起きないか心配…そんな悩みをもつママからの相談です。

生後3カ月の息子を完全母乳で育てているのですが、息子の食物アレルギーが心配です。「授乳の時期は食べものに気をつけるように」と産院で言われたのですが、例えば私が大豆を食べたとき、大豆の成分が母乳に出るのでしょうか?そして、もし息子が大豆アレルギーをもっているとしたら、母乳を飲むとアレルギー反応が起こるのでしょうか?乳腺炎を防ぐために牛乳の代わりに豆乳を毎日飲もうかと考えているので心配です。

ママの食べたものは微量ながら母乳に移行しますが、心配する量ではありません

子供のアレルギーを心配する多くのママをみてきた看護師さんは「深く心配するほどの量ではありません」と言っています。

ママの食べたものは母乳にいくらかは移行しますので、まったく影響がないとは言えません。ただ、子供が直接食べたり触れることに比べると母乳中のアレルゲンは微量なのでそれほど心配いりません。(小児科看護師)
母乳への移行量は心配するほどの量ではありませんが、もし「ママが特定の食べ物を食べたあとにアレルギー反応のような症状が出る」といったことが続く場合は、一度小児科のアレルギー専門医に相談してみてください(小児科看護師)
母乳へのアレルゲンの移行は基本的には心配する必要はありません。あまり気にしすぎず、いろいろなものをバランスよく食べてください。(小児科看護師)

母乳へのアレルゲンの移行は、それほど心配しなくてもよいようです。どうしても気になる症状が出る場合は、小児科のアレルギー専門医に相談してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加