子育て

2016/07/11

3歳のこども。電気のスイッチの高さについて悩んでいます

この記事の監修/執筆

二級建築士事務所 代表古市 久美子

3歳のこども。電気のスイッチの高さについて悩んでいます

見た目や使い勝手を考慮したら、大人の高さと子どもの高さどちらに合わせるのが正解?

3歳の子どもをもつ母親です。注文住宅で家を購入しようと思っているのですが、部屋の電気のスイッチの高さについて悩んでいます。大人と子どもの身長はもちろん違うのですが、大人用に高めにスイッチを設置するのが良いか、子どもでも届くように少し低めに設置するのが良いのか悩んでいます。トイレなど、一人で行けるようになってもスイッチに届かなかったら一緒に行かないといけません。見た目や使い勝手を考慮したら、どちらに合わせるのが正解なのでしょうか。教えてください。(30代・女性)

建築家 古市さんの回答

まず、具体的なそれぞれの数値をあげましょう。
一般的なスイッチの高さは110cm〜120cmくらいです。
3歳のお子さんが届く高さというと、90cm~100cmくらいでしょうか。
また、車いすの方が届く高さというのがおおよそ同じく90cm~100cmです。

さて。私の事務所の設計では、住宅の場合、スイッチ高95cmを標準にしています。
こどもや車いすの方など、だれでも手が届くというメリットがあるのと、
ドアの把手や引手の高さに合わせて、スイッチの位置をあわせておくと見た目が
すっきりするとともに、戸を開けた手でそのまま横にスライドすればスイッチがあると
くらがりで見つけやすいというのもあります。

試しにおうちのスイッチのそばに、いまと違うスイッチの高さにシールを貼って様子をみたらいかがでしょうか。
それぞれのメリットが見えてきますよ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加