妊娠超初期の症状 

生理前症状とどこが違う?妊娠超初期症状を紹介

妊活に取り組んでいるといろいろな症状が気になりますよね。中には、妊娠超初期症状と思っていたら、生理前症状でがっかりしたという方がいるかもしれませんね。ここでは、現れやすい妊娠超初期症状と生理前症状の違いを解説しています。両者の見分ける際に活用しましょう。

妊娠が確定するまでに現れる妊娠超初期症状

妊娠すると、生理予定日から妊娠が確定するまでの間に、様々な症状を感じることがあります。これらの症状を妊娠超初期症状と呼んでいます。妊娠超初期症状が現れやすい時期は、生理予定日から1週間後ごろです(生理予定日前から感じることもあります)。ただし、すべての方に現れるわけではないので、妊娠超初期症状を感じないまま経過することもあります。一般的には、以下の症状が現れやすいといわれています。

<妊娠超初期に現れやすい症状> ・身体がだるい ・強い眠気を感じる ・乳房に張りを感じる ・腰が痛い ・下腹部が痛い ・イライラする、涙もろくなるなど感情が不安定になる ・便秘や下痢が気になる ・おしっこの回数が増える ・臭いに敏感になる

以上の症状が現れている方は、妊娠超初期症状かもしれません。しかし、これらの症状のなかには生理前症状とよく似ているものがあります。生理前症状と間違えないためには、どのようなポイントに気を付ければよいのでしょうか。

妊娠超初期症状と生理前症状の違い

生理前症状とよく似ている妊娠超初期症状ですが、いくつかの違いがあるといわれています。特に、自覚しやすいのが、強い眠気を感じることと臭いに敏感になることです。妊娠するとホルモンバランスが変化するため、普段以上の眠気に襲われることが少なくありません。同じく、ホルモンバランスの変化で、臭いに敏感になります。これらに当てはまる方は、生理前症状ではなく、妊娠超初期症状かもしれません。

下腹部痛や腰痛も現れ方に違いがあるといわれています。妊娠超初期症状で現れる下腹部痛は、子宮が押し広げられるように痛む、同じく腰痛は背中や股関節の痛みを伴うことが多いといわれているのです。これらだけで生理前症状と区別することは難しいですが、他の症状とあわせれば、妊娠を知らせるサインとして活用できるはずです。

最も信頼できる妊娠超初期症状は基礎体温

以上のことなどから、妊娠超初期症状と生理前症状を見分けることができます。とはいえ、個人差が大きいので、正確に見分けることは難しいといえます。できるだけ正確に妊娠に気づきたい方は、基礎体温を利用するとよいでしょう。

基礎体温とは、朝起きたときに横になったまま測る体温です。女性の基礎体温は、排卵日の前後で基礎体温が低い低温期と基礎体温が高い高温期に分かれます。つまり、排卵日から次の生理予定日までの2週間が高温期になるのです。妊娠すると体温が高く保たれるため、高温期が3週間以上続きます。この妊娠超初期症状を確認した場合、妊娠している可能性が高いのです。最近では、データを保存できる基礎体温計が登場しているので、妊娠超初期症状が気になる方は利用するとよいでしょう。

残念ながら、この症状が現れれば妊娠超初期症状というものはありません。あいまいな症状が多いため、生理前症状と間違えることもあります。妊娠に早く気づきたい方は、基礎体温をつけるか、気になる症状が現れたときに病院で相談してみてはいかがでしょうか 。


2016/07/14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事