妊娠超初期の症状 

妊娠の兆候かも?妊娠超初期症状のチェックテスト

妊娠するとさまざまな兆候があらわれますが、中には妊娠超初期症状がきっかけでお腹に赤ちゃんが宿っていることに気づく人もいます。ここでは、妊娠にいち早く気づくことができる妊娠超初期症状のチェックテストをご紹介しています。

妊娠超初期症状のチェックテスト

妊娠したことを示す兆候に「妊娠超初期症状」と呼ばれるものがあります。一般的には予定日を過ぎても生理が来なかったり、基礎体温が下がらなかったりすることがきっかけで気づくケースが多いですが、妊娠超初期症状は生理の予定日前にあらわれる体調変化を指します。

妊娠超初期症状は多岐にわたり、身体的な変化・精神的な変化など人それぞれです。代表的な症状を以下のチェックテストで確認してみましょう。

・ 熱っぽい/だるい
・ おりもののニオイや色がいつもと違う
・ 生理とは違う少量の出血がある
・ 胸やお腹が張る
・ 乳首が過敏になり痛みを感じる
・ 下腹部に痛みや違和感を感じる
・ 便秘/下痢など便通に変化がある
・ 吐き気がする
・ すぐトイレに行きたくなる
・ 腰痛がする
・ 頭痛がする
・ めまいがする
・ ちょっとしたことでイライラする
・ 涙もろくなる
・ 食べ物の好みが変わる
・ ニオイに敏感になる

妊娠超初期症状の有無は個人差が大きく症状が全くあらわれない人もいますが、チェックテストの項目にいくつも当てはまる場合は妊娠の可能性もあるので注意しましょう。

ホルモンバランスの変化が影響する

チェックテストでご紹介したような妊娠超初期症状は、なぜあらわれるのでしょうか。大きな要因としては女性ホルモンの変化が挙げられます。妊娠すると黄体ホルモン(プロゲステロン)が増加するのですが、ホルモンバランスの急激な乱れは、強い眠気を引き起こしたり胃腸のはたらきを鈍くさせたりする他、乳房の張りや情緒不安定の原因にも。また、基礎体温が高いまま維持されるのもプロゲステロンの影響と考えられています。

妊娠検査薬は使うタイミングに注意

妊娠超初期症状を察知していち早く妊娠に気づくことができると、アルコールの摂取を控えたり重いものを持たないようにするなど、お腹の赤ちゃんに配慮した過ごし方に切り替えられます。とは言え、妊娠超初期症状は風邪や生理前の体調不良の症状とも似ているため、一概に妊娠と断定はできません。

上記のチェックテストのような妊娠超初期症状があらわれ、なおかつ生理が遅れている場合は、まずは市販の妊娠検査薬で確認してみましょう。正確に判定するには、妊娠検査薬は生理予定日から1週間経過してから使うことがポイントです。それ以前だと、妊娠しているのに陰性と判定されるケースがあるためです。

妊娠超初期症状は妊娠の可能性を判断するひとつの目安になりますが、もちろんそれだけで確定させることはできません。妊娠検査薬で陽性が出たら早めに産婦人科に行き、超音波検査などで子宮内に受精卵が着床しているかどうかを確認して下さい。お腹の中の赤ちゃんを守るためにもチェックテストのような体調変化には気をつけ、健全な妊婦ライフにつなげましょう。


2016/07/14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事