女性の病気

性交経験が無くても、子宮体がん検査の必要はある?

子宮体がんは女性ホルモンの影響によって発生するといわれています。そもそも性交の経験がない人や数年間性交していない人は子宮体がん検査を行う必要はないのでしょうか。

40代女性からの相談:「処女でも子宮体がんの検査は必要ですか」

もともと生理が不順だったのと、不正出血がみられたので、婦人科に受診したところ、子宮体がんの検査を受けました。検査前の問診のところで性交体験があるかないかという項目がありました。処女の人は子宮体がんの検査を受けても意味があるのでしょうか。(40代 女性)

子宮体がんの原因はエストロゲン(卵胞ホルモン)による場合が多い

専門家は、子宮体がんは性交経験が無くても発生すると答えています。

子宮体がんは性交経験が無くても発生するといわれています。原因は、エストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンが多く分泌されるためといわれています。子宮体がんの場合、月経不順の方、妊娠・出産したことがない方、肥満の方、乳がんの治療を受けている方、年齢は40歳代から60歳代くらいの方が罹りやすいわれています。 症状は、不正出血、茶色や褐色のおりものが増えた、排尿時に痛みがある、お腹が張っている感じがする、腹痛や腰痛などがみられます。(看護師)
もともと月経不順だったり、閉経が近く生理の間隔が不規則になった場合、生理なのか不正出血なのか区別がつきません。そのため、婦人科に受診をして子宮体がんの検査を受けたほうが良いでしょう。(助産師)
子宮体がんの検査は、子宮の中に細い棒を入れて、子宮内膜の細胞を取ってきます。少し痛みはありますが、検査で子宮体がんと診断されても適切な治療を受ければ生存率は高いです。(看護師)
癌を早期発見するには、自己判断せず定期的に健診を受けましょう。(医師)

定期的な子宮体がん検査を受けましょう。

性交の経験がなくても、子宮体がんを発症しないとはいえません。
定期的に受診をすることが一番の予防法になります。特に年齢的に更年期の方が罹りやすいです。自己判断せず、定期的な検診を心がけましょう。


2016/07/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)