子宮頸がん

2016/07/25

ヒトパピローマウイルス発見後の子宮頸癌予防対策

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

ヒトパピローマウイルス発見後の子宮頸癌予防対策

子宮頸癌の原因になるといわれているヒトパピローマウィルス。ウィルスが見つかった後、定期的な癌検診と低用量ピルで問題のない状態になったという相談者の女性ですが、このままピルを飲み続けることで癌予防になるのでしょうか。専門家たちの意見を見てみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加