妊娠超初期とおなら 

おならとげっぷが止まらない!これって妊娠超初期の症状?

一部では、妊娠超初期におならとげっぷが出やすくなるといわれています。なぜ妊娠するとおならとげっぷが出やすくなるのでしょうか。出るとすれば、どのような原因が潜んでいるのでしょうか。ここでは、おならとげっぷ、妊娠超初期の関係について解説します。

妊娠超初期はおならがでやすくなることも

妊娠超初期におならが出やすくなったと感じた方が、意外と多いようです。妊娠とは無関係に思えるおならですが、ホルモンバランスが変わる影響で、妊娠すると出やすくなるといわれています。妊娠が成立すると、妊娠をサポートするため黄体ホルモンの分泌が増えます。このホルモンには、腸の蠕動運動を抑える働きもあり、この影響で腸内環境が悪化しておならが出やすくなると考えられています。また、ホルモンバランスが乱れると、自律神経のバランスも乱れやすくなるため、排便リズムが乱れることがあります。これも、おならが出やすくなる理由の一つです。

妊娠超初期はげっぷがでやすくなる

妊娠超初期にげっぷが出やすくなることもあります。げっぷが出やすくなる理由も、黄体ホルモンの分泌が増えるためです。黄体ホルモンの影響で、腸の働きが弱まり消化不良になると、ガスがたまってげっぷが出やすくなります。また、黄体ホルモンの分泌が増えると、胃と食道のつなぎ目にある胃酸の逆流を防ぐ筋肉が緩むため、胸やけを起こすこしやすくなります。胸やけの不快感を緩和するためにつばと一緒に空気を飲み込むと、げっぷが出やすくなります。げっぷが増えたと感じている方は、妊娠超初期の症状が現れているかもしれません。

おならとげっぷが出るときにお勧めの対策

妊娠超初期に起こるホルモンバランスの変化で、胃腸の働きが衰えると、おならとげっぷが出やすくなります。気になるときは、消化しやすい食事をよく噛んで食べるとよいでしょう。積極的にとりたいのが食物繊維です。排便を促すことで、おならとげっぷが出にくくなります。スープや煮物料理で軟らかく調理すると、食べやすいでしょう。ホルモンバランスの変化に、上手に対処しましょう。

まとめ

おならやげっぷが増えたからといって妊娠したとは言い切れませんが、妊娠超初期を知らせるサインの可能性はあります。いつもと違うと感じている方は、念のため病院で調べてみるとよいかもしれません。


2016/07/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事