妊娠超初期の痛み

頭痛がするのは妊娠超初期のサイン?症状や原因別の対処法

妊娠すると頭痛が起きるといわれていますが、本当なのでしょうか。ここでは、妊娠超初期に頭痛が起きる仕組みについて解説しています。頭痛のある方は要チェックです。

頭痛は妊娠超初期に現れやすい症状の一つ

妊活中且つ頭痛の症状がある方は、妊娠超初期の症状を疑っているはずです。妊娠と関係ないように見える頭痛ですが、妊娠超初期に現れやすいといわれています。黄体ホルモンには、血管を拡張して血流を良くする働きがあります。拡張した血管が神経を圧迫することで、頭痛が引き起こされます。

神経が血管に圧迫されることで引き起こされるため、妊娠超初期の頭痛はズキンズキンと脈打つような片頭痛であることが多いといわれています。ただし、生理前にもよく似た頭痛が現れるので、これだけで妊娠を確定することはできません。

妊娠超初期に起きた片頭痛の対処法

妊娠超初期の頭痛は、神経を圧迫するため、酷くなると嘔吐を引き起こします。辛いときは、タオルにくるんだ保冷剤などでこめかみや首筋を冷やすとよいでしょう。血管が収縮するので頭痛が楽になるはずです。あるいは、仮眠をとることでも片頭痛を和らげることができます。辛いときは少しだけ横になるとよいかもしれません。

肩や首の凝りでも頭痛は引き起こされる

妊娠により起こるホルモンバランスの変化で、自律神経のバランスも乱れることがあります。この影響で、身体が緊張して肩や首が凝ると、緊張型頭痛が引き起こされます。肩や首の凝りを感じている方は、この原因で頭痛が起きているかもしれません。

肩や首の凝りで起きた頭痛の対処法

肩や首の凝りで引き起こされた頭痛は、温かいタオルで温めることやストレッチなどで血行を改善することで和らぎます。冷やして血管を収縮させる片頭痛とは正反対の対応なので、対処するときは頭痛の原因を見極めましょう。

まとめ

妊娠超初期は、ホルモンバランスの変化で頭痛が起こりやすくなります。頭痛薬を服用したいときは、念のため妊娠の有無を確認しましょう。妊娠している場合、一般的な頭痛薬の服用はお勧めできません。医師に相談したうえで、お腹の赤ちゃんに影響を与えない頭痛薬を処方してもらう必要があります。


2016/07/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事