妊娠超初期の痛み

おめでたのサイン?妊娠超初期に現れやすい胃痛の原因と対処法

胃痛は妊娠超初期の症状といわれていますが、なぜ妊娠すると胃痛が現れるのでしょうか。ここでは、妊娠超初期に起こる胃痛についてそのメカニズムと対処法について解説しています。妊娠している可能性のある方は、見逃さないようにしましょう。

急に起きた胃痛は妊娠超初期のサイン?

普段は胃痛を感じていない方が急に胃痛に悩まされると、何か特別な原因があるのでは、と心配になるでしょう。妊活中の方であれば、可能性の一つとして妊娠超初期を疑うかもしれません。この時期に胃痛が起こりやすくなるはっきりとした原因はわかっていませんが、ホルモンバランスの変化が影響していると考えられています。

胃酸が逆流して胃痛が起きやすくなる

妊娠すると、黄体ホルモンの分泌が増えます。このホルモンの働きで、骨盤が開き出産しやすい状態になります。胃と食道のつなぎ目で胃酸の逆流を防いでいる下部食道括約筋が緩むと、強い酸性の胃酸が食道へ逆流します。これにより食道粘膜が傷つき、妊娠超初期に胃痛が引き起こされると考えられています。同様の原因で、妊娠超初期に胸やけや酸っぱいげっぷに悩まされることもあります。

胃粘膜が傷ついて胃痛が引き起こされることも

妊娠超初期にホルモンバランスが大きく変わると、自律神経も連動して乱れやすくなるといわれています。自律神経が乱れると、胃酸から胃粘膜を守る胃粘液の分泌が減ることや胃酸の分泌が過剰になることがあります。これらで胃粘膜が傷つくことでも、胃痛が引き起こされます。

胃痛が辛いときに取り組みたい対処法

胃痛に悩まされると胃薬を服用したくなりますが、市販の胃薬の中には妊娠中にお勧めできないものがあります。妊娠超初期のサインとして胃痛が現れている可能性のある方は、胃薬を服用する前に妊娠の可能性を調べましょう。

胃痛の根本的な解決は難しいですが、消化の良い食べ物を少しずつ食べることで緩和できます。お腹を締めつけない服装を心がけることもお勧めです。身体の状態に応じて適切に対処しましょう。

まとめ

すべての方にあてはまる訳ではありませんが、胃痛が妊娠超初期のサインということもあります。胃痛が辛いときは、食事や服装に気をつけると過ごしやすくなります。


2016/07/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事