妊娠超初期の痛み

2016/07/19

妊娠超初期は腰痛とぎっくり腰に要注意。原因と対処法は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠超初期は腰痛とぎっくり腰に要注意。原因と対処法は?

腰痛になりやすいといわれる妊娠超初期。油断しているとぎっくり腰になることもあります。なぜ、妊娠超初期は腰痛やぎっくり腰になりやすいのでしょうか。その原因を解説するとともに、腰痛、ぎっくり腰の対処法を紹介します。

お腹が大きくなる前から起こりやすい腰痛

妊娠超初期に腰痛が起きる理由は、靭帯を緩めるリラキシンというホルモンの分泌が増えるからです。リラキシンの働きで、骨盤をつないでいる靭帯が緩むと、骨盤が開いて出産しやすい状態になります。と同時に、骨盤が不安定になるので、周囲の筋肉に負担がかかり腰痛が起こります。特に、筋力が弱い女性で起こりやすいといわれています。

骨盤をつなぐ靭帯が緩むとぎっくり腰になりやすい

リラキシンの作用で靭帯や筋肉が緩むと、ぎっくり腰が起こりやすくなります。ぎっくり腰は、腰の骨を支えている椎間板や関節、靭帯、筋肉などが部分的に損傷した状態です。強い痛みが特徴で、動けない、起き上がれない、寝がえりができないなど、日常生活に大きな影響を与えます。重い荷物を持ち上げたとき、くしゃみをしたとき、身体が冷えて筋肉が固まったときなどに起こりやすいので、妊娠超初期と考えられる方は注意しましょう。

妊娠超初期の腰痛は温めて対処

妊娠超初期に腰痛が現れた場合、筋肉をほぐすことで痛みが和らぐといわれています。動けるときは、無理のない範囲でストレッチを行いましょう。筋力が弱い方は、骨盤を支えるサポーターの利用がお勧めです。自分に合った方法で腰痛に対処しましょう。 ぎっくり腰の場合、足に痛みやしびれが現れているときは、病院の受診が必要です。

まとめ

妊娠超初期から腰痛やぎっくり腰を起こしやすくなります。妊娠が分かった方は、これらのトラブルに気をつけましょう。妊娠の可能性があり、腰痛やぎっくり腰に悩まされている方は、病院で妊娠しているか調べるとよいかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加